Where I am

山行記録をまとめています。 緑色=登攀 ピンク=歩き


2015年度は、年間山行日数108山行でした。
2016年度は、年間山行日数128山行となりました♪

同行してくださった皆様、ありがとうございました☆

■ これまでの歩み
 17年度 折を見てブログ更新中
 16年度 128日 フリーに専心 アイスで中級者へ ミックス
 15年度 108日 孤軍奮闘した年  沢・岩
 14年度 76日 滅私奉公した年   前穂北尾根(合宿)
 13年度 59日 師匠と出会いの年  アイス初級ルート

 ・・・・・下積み期・・・・
  12年度 64日 後立縦走単独テント泊&リーダー講習受講年     
  11年度 22日 残雪期ツルネ東稜、厳冬期鳳凰三山、自然保護ボランティア
  10年度 26日 北岳(単独)、西穂(雪)

■ 下積みから、始めました。

一般縦走での下積みは、”月2回、山に行くこと”だと思います。 

一般に、厚生労働省は、週23メッツの運動を薦めています。一般登山の強度は、7メッツ/時です。ですから、他に何も運動をしなければ、3時間の山であれば、週に1回登って、現状維持レベルです。

成人で運動習慣がない場合は、無理のない範囲(数時間の山)から始め、標高差300mを1時間で歩け、連続行動10時間程度が一応の一般的体力の目安になります。ザックの重さは、体重の1割です。その間に山の天候のあれこれや、平坦な山でも風やルートファインディングの危険があることを学びます。

■ 体力増強 

それが終わったら、ザックの重さを最低20kg程度まで重くして行きます。これはテント泊で長い縦走をすることで実現できます。大学山岳部などでは、2週間などの山行もあるそうですが、大人の場合休みが取れないと思いますので、休みが取れる範囲で、良いと思います。私は4泊5日が最長ですが、まだまだ行けそうでした。読図、生活技術、など様々なことが習得課題になります。

私は朝からザックを背負って裏山を歩いていました。

■ ロープワーク安全技術の習得

さて、それが終ったら、ロープが出る山を覚える時期になります。雪と岩が、次の課題になります。

■ フリークライミングの習得

フリークライミングを習得する時期になります。フリーは、すべてのクライミングの基本です。アルパインクライミングでも例外ではありません。

フリークライミングの習得は、一生続くものです。ライフロングです。

■ リスク感性

山行日数をできるだけ増やすことで、山のリスクに対する感性が鈍らないように努めています。

山は一生続くライフロングな活動です。