Sunday, May 31, 2015

小川山クラック

■ 5連チャン

今週は、なんと5連チャンの山だった(笑)。伝丈沢一泊二日の後、小川山一泊二日、日帰り沢。

ちょっと大変かな~とも思ったのだが、めったにないチャンスだし、来たチャンスは生かすという方針なので、まずは小川山へ。

小川山レイバックをまたしたい!と訴えてみたら、なんと!連れて行ってくれることになったのだった。その方とは、以前に小川山レイバックで会ったのでした(^^)。一目でベテランと分かる方でした。

カムの使い方などを色々聞き、山の人っていいな~と… ベテランに教わることに関しては、私は耳タコ派です。

今回は1日目は、昼からだったので、小川山レイバックから、マラ岩の龍の子太郎、翌日は、雨上がりだったので12:30スタートで屋根岩2峰セレクション渋滞でえらい時間がかかり、他が登れなかった。

翌日の今日は、板敷渓谷から中津森遡行。滝が巨大で威圧感がある割に、巻き道は登攀としてはガバが多くて、易しく、途中は美しい滑で、ゴルジュの割に意外に明るく、お得感がある沢でした。級としては1級+かなぁ・・・ 2級+の沢として知っている芦川横沢ほどはシビアな登攀ではなかったけれど、登攀要素の強い沢です。

帰りは下りの尾根の地図読みが色々難しかった。一回来たところなのになぁ・・・ 現在比較検討中。

何とかなりました。

■ クラックデビューの小川山

クラックの方は、もう岩の割れ目に体を突っ込んで、無理やり登る感じです(笑)。外くるぶしに擦りむけを作りました・・・。膝なんて打ち身で真っ黒!DVか?と言われそうです(^^;)。

ホントに必死! 体を挟んで休憩している時は、”レストしている”というより、”岩の割れ目にひっかかっている”と言う感じでした・・・(汗)

大きなクラックは大変なんだな~と理解。最初の龍の子太郎の印象が激烈で、カサブランカに行く、余力無しな感じでした。印象が非常に強かったのです。「わ~!!!!!」って感じ。

その日はテント泊して、楽しくお酒を飲んで過ごしたのですが、運悪く、雨で、4時半に起きるも、二度寝し、7時起床、9:30出発。10:00には、屋根岩2峰についていたのですが・・・先行パーティが6人・・・渋滞の為、なんと17:00登攀終了・・・だったので、他のショートは登れず、残念でした・・・一泊二日なのに・・・。

先行者がかなり遅かったので、一体どれくらいかかるだろう?と考えてみました。

初心者で先輩に連れて行ってもらった去年の1回目は、10:30スタートで13:30で終了しているので、3時間かかっています。

先行パーティは、6人で、10:30スタートして、6人目が1ピッチ目の離陸を果たしたのが12:30(汗)。 1ピッチ目のクラックでだいぶ苦戦中のようでした。我々が下山した17:00には岩の基部には戻ってきていませんでした・・・つまり、6人全体で、10:30~17:30として、7時間以上・・・かなり遅いなー。見ていて、もし私が相方(旧)とバットレスにいきなりチャレンジしていたら、そういう状態になるのではないか?という気がしました。

≪技術≫
今回勉強になったのは、カムの支点の取り方です。トラバースでの支点の取り方が、印象に非常に残りました。

前のパーティが初心者のため、見比べができたのです。やはりラインを考えることだと思いました。
前のパーティは、ロープアップでのロープの振り分けを習っていないようでした。

≪メインのセルフとPAS≫

私はメインロープでセルフを取るように最初習いました。が、ランヤード(セルフビレイ用のスリングやPAS、デイジーなど)をぶら下げるようになると、それでセルフは、アンカー以外にも冗長性のために別にとるので、セカンドの時はメインロープのセルフを省略することが多くなっていました。

が、今回はPASを使用しなかったので、セカンドだとメインのロープでセルフを取るという意味が非常によく分かります。メインでセルフを取れば、別にPASは要らない。

≪ロープの扱いやすさとキンク≫
龍の子太郎で、ギアラックに掛けていた確保器がまた落下。一体なんでだろう・・・いい加減にかけた覚えはないのですが・・・。それで、途中のピッチはムンター(半マスト)でのビレイ・・・半マストはとてもキンクするので、キンクを取るのが大変でした。

ロープはある程度太さがあるほうが、剛性があるので、ロープジャムにはなりづらいので出しやすいですが、キンクはします。

≪テント泊≫
テント泊はすっかりお世話になってしまいました。というのも、小川山は山梨からはご近所なので、日帰りなのです・・・(^^;) 翌日瑞牆の予定だったので、寝に帰るか、と思っていました。シュラフを車に置きっぱなしにしていればよかったんだけど・・・。というので、宿泊ギアは丸がかえで、お借りしてしまいました(m_ _m)。 この時期なので、快適に睡眠。

ほぼ初対面の男性パートナーと一対一でしたが、テント泊なんも問題なしなのが、さすが山屋さんと思いました・・・「大丈夫?」とか聞く発想さえない感じでしたので、私の方も快適でした。

ベテランの方と山に行くと色々と教わることがあります。それは技術だけでなくて、作ってくれた支点を見て、支点の取り方を覚えるとか、行動を見て、こういう風にするのだな~とかです。

私は初日、確保器を落としたので、なんと懸垂下降は無しになりました(笑)。ま、懸垂するより、もっと登った方が勉強になります。歩ける下降路があるときは、懸垂より下降という決まりでもありますしね。

≪フリクションノット≫

二日目は知らなかったけど、セレクションには、歩いて降りるルートもありました。番線が張ってあるところです。しかし、懸垂よりもしかして大変かも?なくらいの急さだったので、プルージックにして確保しながら下降しました。”番線命”系ですね。たまたま持っていたのが、ダイニーマだったので、番線にプルージックすると、効くこと効くこと!効きすぎて下降できない!と巻き数を減らしておりましたが、こすれて錆が一杯スリングについてしまいました・・・。

小川山は人気のあるルート、つまり初級のルートは、平日限定だな~と思った経験でした。


≪関連記事≫

一回目の小川山レイバック

≪クラック反省点≫
・今回はごぼうがあったこと!しかも前には登れたところで!!セレクションの3P目(普通の人は4P目) 立木から飛び移るクラック。
・クラミング力アップ
・カムワンセット購入
・ギア受け渡し方法



Thursday, May 28, 2015

パラダイムシフト

■今ある環境を生かすこと

今回の沢は、登山自体もまだそう慣れていない初心者と言っていい女性の方と一緒だ。彼女とは自然学校関係の会で出会って、なんとなく意気投合した。カメラマンであるので、芸術家。

私は小さいころ、毎週美術館に通うような家庭に育ったのだ。母は東京女子美術大学を出た人だった。だから、今でも路上で写真が売られていたら立ち止まって見るし、気に入ったら高くても買う。バレエが好きだったのも、そういう事情も少しあったと思う。舞台芸術について、舞台の良しあしを語る時は、辛口ね、と言われる。ローザンヌバレエコンクールを見れば、良しあしが分かるし、見るのは楽しい。

若いころ、サンフランシスコに暮らしたのは偶然の幸運だった。人生にめったないサンフランシスコ暮らしという、この機会を生かすには?と考え、サンフランシスコシンフォニーとサンフランシスコバレエ、アンセルアダムスセンターの年間の通しチケットを購入して、事あるごとにクラシックコンサートとバレエを天井座敷で味わい、街を探検するのに疲れたら、アンセルアダムスセンターにいた。働いている以外は、そういう活動をしているのが、私らしい暮らし方だった。

今は同じ発想で、山梨での生活環境を生かすにはどうしたらよいか?と考え、出した結論が、登山をすること。

地元の資産、雪と沢。それに岩。

■成長とは不可逆的なもの、前提的なもの

私はいつも登山に限らず、何かの成長というのは、子供が大人になって成長したり、老いることと似ていると思う。

人の変化は不可逆的で、人は生まれた瞬間から、一方的に死に近づいて行っている。成長と成熟と老化は、同じ現象を違う価値観で見ただけのことだ。それは企業の成長も同じだし、成功などと言うとらえどころのないものでも同じだ。前提であり、そこへ到達するかどうかが問題となるのではない。成長しない人はいないし、幸福を求めない人もいない。どういうやり方であれ、成功しようとしない人はいないし、登れるようになろうと思っていない登山者もいない。

人はみな、水流に逆らい、同じ方向を向いて、泳いでいる魚と同じだ。あるいは高速道路で走っている車と同じで、同じ方向を見、同じように走っているが、目的地は別れている。隣と競争しても仕方がないが走っている向きが同じなだけで、抜きつ抜かれつの小さな競争に終始するのが楽しい人もいる。ちなみは私はそういうタイプではなく、自分のスピードを守るタイプだ。

成長ということは、別に成長すること自体が素晴らしいことでもなんでもなく、人は何もしなくてもすべからく成長する。ただ、成長することで、自らの成長を振り返った時に、感動や充実感をもたらすことは確かだ。

子供はできなかったことができるようになるとうれしい。老いの境地にいる人は身体機能的には、できたことができなくなっていくが、それでさえ、心ある人に言わせると精神的な成熟のプロセスだ。

成長ということについては、そういう風に考えている。以前ほど成長と言うことにあまり大きな価値を置いていないし、早く成長をしたいとも思わない。例えば、もし、今5.12登れる力があったとしても楽しくないと思う。

■ 思いの成就

伝丈沢は、わたしにとっては、易しいと感じられる沢だった。私は初めて行ったのは、海沢という奥多摩の沢で、誰でも可能なくらい易しいという設定を、もちろんツアーだから、してくれていたと思うのだが、それでも唇は紫になり、歯がガチガチいい、タイヘンだった。”ええ~?!こんなの行くの~”という感じも、もちろんあった。夫は懲りて行かなくなった。

それでも主催者側は、女性向けに着替えテントを用意してくれたり、事前資料が渡され、親切丁寧なパッキング方法の記載があったり、で、沢を知らなかったので、そうした親切丁寧さのためにお金を払った甲斐があったと思った。

次は二級の沢だったので、ほとんど登攀。次は、講習会でオーバーペースで歩き、クライミングでへこたれた。体力の沢だった。次は、増水中のモロクボ沢。次は同行者が”うーん”で、置いてきぼりの沢。後は自前で行った沢だから、これくらいの経験では、私の沢経験も乏しい。初心者の域を出たとは言えない。

それでも、自分で伝丈沢に行った時は、”これなら私の力でも初心者を連れて行ける!”と感じた。同時に、”なんで、初心者をこれくらい易しい沢に連れて行かないのだろうう?”と感じた。

その二つの思いが結実した形が今回の伝丈沢だった。

 ・初心者の力でも行ける沢はあるのではないか?

 ・これくらい易しい沢に初心者の頃、連れて行ってほしかった

■ 連れて行けた、という成功体験

一度行ったところなら、誰かを連れて行くことは、ルート的には難しいことではない。知っているところを案内するからだ。

連れて行く側は知っており、連れられていく側は知らない。

片方が情報に有利で片方が不利なことを、情報の非対称性という。誰かを案内するときには常にそれがある。

情報力で圧倒的に連れて行く側が優位だ。経験の長い側が、その優位を笠に着た状態は、あまり尊敬できる態度ではないな…といつも思う。例えば山においては、歩くのが非常に早いなどだ。慣れは速さを加速するものだ。

知っていることはパワー(権力)で、そのパワーを振り回す、というような態度は、あまり尊敬できない。

けれども、そういう態度と言うのは、登山の世界ではむしろ一般的なようだと思う。

情報の非対称性による権力のアビュースがないのが、商用のツアーだと思う。ツアーでは知らないことが前提だからだ。お金を払って受け取るサービスはすべてそうあるべきなのではないか?

例えば、服装を見て値踏みしたり、とか、登れるか登れないかで態度を変えたり。

生まれて初めて岩に触る人が怖くなっても結構普通のことだ。ダメだというのは、どういう価値観なのだろう?

先輩に聞くと昔は「登れなくても登れ!」とかいう教わり方だったらしいので、そうしたアビュースは、シゴキ時代の後遺症として登山の世界に残ってしまったのかもしれませんね。

「〇〇ができないようでは、△△はこなせない」というのは、”〇〇ができるようになれば、△と言うルートに行けるようになる”という意味ではない事が多い。

ほとんどが挑発であり、”〇〇もできないくせに発言するな”という横暴の行使であることが多い。

人間も山も、平等でない前提だし、ヒエラルキーを作るのが好きなのだ。

■ 易しい沢

今日行った伝丈沢は、大滝20mを登らなかったので、私が初めて行った海沢よりうんと易しい。泳ぐ要素はなく、クラミングの要素もない。

それでも、同行者は足元を探りながら、沢を歩くのは大変なようで、ずいぶんゆっくり進んだ。

私はこの沢くらい易しい沢を愉しみながら成長するのが良いと常々思っているのだが、その思いが正しかったことを改めて感じた。

私は、実は、沢へ別の同行者と行くと、遅れる側に入り、自分の方が待たせる側で、待つ側ではない。

伝丈沢は初めて行った時は、8:00伝丈沢入渓 10:30稜線 金石沢大滝13:20 下山14:00だ。今回は11:40に入渓して、15:30二股。つまり初回に行った時の倍くらいの時間かかっている。

私自身はもう登山自体が自分は初心者だと思わないし、初心者だと言ったら、良い意味の謙遜ではなくて、自己卑下になるだろうと思う。

けれども、山岳会では歩き方も初級者であって、クライミング力も初級者であって当然だと考えている。それが普通であり、普通でない能力がある、と誇示したことはないつもりだ。5.9が登れるようになることを目指すのは初心者にはちょうど良い目標だ。

登攀力だけが登山者の実力ではなく、自分の力量に会った山を見出す力も力のうちだと思う。偏差値のように画一的な物差し・・・グレードで登山者を計りたがる風潮は間違っていると思う。登山の多様性を無視しているだけでなく、死の危険がある。

登山自体も初心者であれば、やはりこのくらいのペースでしか歩けないものであり、それで普通だと思う。

ちなみに彼女も一般登山は普通にやっている人だ。それでも一般道はどこを歩くか?というルート取り、という思考回路を経ずに歩ける道だ。たとえ縦走路で難路であっても、考える必要性という意味ではほとんど皆無に近いものだからだ。沢や地図読みの山、雪稜、岩稜では、基本的に考えないとルートが取れない。

それは、一般にベテランが考える以上のパラダイムシフトなのだ。そのシフトが起きる前と起きた後の差は、一般に考えられるより大きなものだと思う。

■ 地図読み

一般登山からの大きなパラダイムシフトという点では、地図読みも同様で、地図読みをしないような山が一般登山では普通で、そのような登山経験を何回重ねても、足は強くなっても、地図を見て歩く山が歩けるとは言えない。

地図を見て自分でどこを歩くつもりか予想を立てるということが、登山の基礎で、その基礎がないまま、脚力だけが上がると、上がった脚力も自分でルートを採らなくてはならなくなった途端に、活用の道を失う。

考える方に時間がかかって、歩みを進められないからだ。それは、クライミングで、ムーブが分からないから次のホールドが発見できないと言うのと同じだ。そういう部分は自分で考えることでしか、解決できず、ほとんどの初心者に必要なのはそのような時間だ。自分の中で熟成する時間。

だから、地図を読んで地図を見て歩く山の経験を少しずつ貯めなくてはいけないが、地図読みの山は一人ではできないし、誰かにケツについて歩いてもらう必要がある。

稚拙は、回数の差ただそれだけのことだ。誰でも必要な成長の機会が今の時代はなかなか得られない。

■ 歩かれていない場所を歩く

今回は地図読みの山も、彼女には初めての紹介だったと思う。地図を読む山をやると、普通の人の歩かない場所を歩くことになり、それは一般登山道よりとても歩きにくいと言うことを意味する。

私も初めてそういう山をしたときはびっくりした。ベテランになればなるほど、その気持ちは分からないに違いない。

私自身もつい2年前程度のことだが、自分自身の感じ方が、「ええ~?!」から「歩けるなー」とか「楽勝」に代わっていて驚いた。

これくらいの斜面なら歩ける、という基準が高くなったのだ。

そういう基準がない人には、「ええ~!!」だっただろうことは容易に想像がついた。結構大変そうにしていたからだ。

私にとってはそう大変ではない場所だったが、私が頑張った量と彼女が頑張った量では圧倒的に彼女が頑張った量が勝っていたと思う。頑張った人はエライなと思った。

■ 初めては貴重

そう言う意味では、人が絶対に通りがからない沢で寝ることや、ツエルトで寝ること、焚火をすること、なども、きっと同じくらい大きなパラダイムシフトであったに違いない。

私は自分自身のパラダイムシフトが起こった瞬間は、強烈に、刺激を受けた。

あ、そっか~分かったー!!という感激だった。

登山とは自ら尾根と沢を読み、自らの思った場所を歩くことなのだ、とか、そうやって歩くと言う視点で見ると、歩いてくださいと言っているようにしか見えない尾根などを歩いた痕跡があることなどに共感を感じたりとか、そういうことだ。そうすると、焚火の跡にさえ、そこを泊り場に選んだことに共感を感じることができる。

そう言う意味では、本来の登山の登山らしい、楽しみを知らないことは、そういうパラダイムシフトを与える人が、今の時代いないことを意味するのだと思う。

■ パラダイムシフト

今回は私にとっても、何か重要なパラダイムシフトだったような気がする。それは、たぶん、自分の力で、誰とどのようにどんな場所に行くか?みたいなことだろう。

私は夫と登山を始めたけれど、夫との登山では計画担当で、決して無理が無いように、と、計画してきた。そこにはどういう登山をするべきかというポリシーみたいなものはなかった。ただ易から難へということを貫き、安全を第一にしてきただけだ。

成長が当然の流れなので、ステップアップは当然だが無理のないペースで順調にしてきたステップアップが非常に早いペースで、それはラッキーなことだったことに理解を深めた。

ただステップアップしてきた登山・・・そこになんらかの味わい、私らしさみたいなものが加わったのが今回の山行なのかもしれない。

登山と言うのは一つの自己表現であるのだろう、自分らしさを追及しているのだろう、と思った山行だった。




乙女の沢、伝丈沢

 ■ 沢

私は、いつも用事は超特急で済ませる・・・のは、その時間で、本を読んだり、絵を描いたり、日記を書いたり、色々な考え事をしたり、したいからだ。

しなくてはならないことはさっさと済ませ、余暇を充実させるというのが、私がしたいことだった。

それで、何でも結構手早くできるようになったけれど、そうなればなるほど雑用が増え、一向に余暇が増えないのはなぜでしょう(笑)???

今日は楽しい沢だった☆ 

女性の初心者の同行者と伝丈沢に行きました☆ 

易しく歩くだけのウォーターウォーキングの沢です。

もうクリンソウの季節でした!
 彼女はブライダルカメラマンをしているので、カメラはプロ!

お!何かを見つけたみたいです。
 伝丈沢はこのように穏やかな、明るい沢。

水がきれいです。

新緑でとてもキレイ。
 初心者の同行者に、沢靴を貸したので、私はこのウォーター運動靴で参戦したのですが、この運動靴、ぜんぜん滑にはダメ・・・(><)

滑りまくっていました・・・(ため息) 同行者の彼女は初めての沢なので、私が歩いた後を忠実に歩きたいみたい・・・

でも、私は靴が悪いので、ちょっと不快な場所でも、滑らないところしか歩けず、悪かったなぁ・・・。

沢靴だから好きな所歩いてもいいよ、と言っても、好きな所が最初は分からないですよね。

私も、「自分の好きに歩いて良い」と東沢釜の沢に行った時は何度も言われました。でも自分の好きな所を歩くと、全然、講師について歩くことができなかったんですが・・・(--;)

逆に師匠と行った時は、「経験者の通り歩いたほうが勘を早く学ぶことができる」と言われました。が、しかし、師匠はアクアステルスで、私はフエルトだったので、師匠に問題ない砂地の上はフエルト組は歩きたくなく・・・ そうして遅れ、と、遠く先行者が見えないくらいに遅れ・・・ああ、タイヘンだったな~

靴が良ければ、もうちょっと良いルート取りで歩けたけれど・・・、ゆっくり歩いても、初心者の彼女よりは早いみたいで、「遅くてスイマセン」と言わせてしまいました・・・スイマセン。初めてだと、色々と大変だったと思います。

この運動靴、土の上はOKで、一般道でない山地もこれで
問題なく歩けました。

ただ、ホントに滑はダメで、なんでもない滑で転んで頭を打つこと一回・・・はぁ~(ため息)。ヘルメットは持っていたのに、滝がないので被っていなかったのです。

教訓: 靴が悪いときはヘルメット必携。

キレイな淵。淵は深いです・・・もう少し暑ければ、ドボンと浸かって楽しめそう!

 こんなにきれいな水です。

魚影を3回ほど見ました。が、魚はすごく小さい。

 きのこが生えている木。

きのこや山菜について分かればいいなぁと思います。
 滑。こんな平らな滑で転ぶなんて~(><)

ヘルメットは持って行ったが、20m大滝用だったので被っていなかった・・・同行者は転んでいないのに、私がゴロン・・・。ゴツン!

あーあ。師匠も私といて転んだことがあったが、その時はこの時のような気持だったのだろうか?

ギアは8.5mm×30、カラビナスリング少々。同行者用にハーネス。同行者はクライミングはしない人なので、私は自分はハーネスを履いても仕方ないので持って行かず。

でも20m大滝を一目見て、巻くのも、ちょっと経験者と一緒でないと無理と判断した。

前回来たとき左股にいかず、この大滝来ていればよかったんだけど。大滝の処理は、初見の人ではちょっとリスクが大きいと思う。

ま、安全に歩ける範囲で、歩いても何も問題ない。

気持ちの良い小滝。カメラが濡れると嫌なので、巻く。
 20m大滝。

入渓したのが11時40分で遅く、二股までとし、付近で幕営。

右股のこの滝は、流石に初心者には難しいと思い、左股へも少し進んでみたが、時間も15:50と押していたので、この日は二股までで終了とし、右股大滝は見ただけ。


 空は快晴で月が明るく、ヘッドライトが要らないほどだった。
 恒例焚火。 川の流れに合わせ、川の字に縦に並べて焚火しました。ちゃんと。

料理はガスで。ビリー缶を吊り下げるのは、一苦労しそう。

乾いた木がいっぱいあったので、あとは9時ごろまで宴会。

メニューはビール、ごはんは余っていて最近消費されない袋飯の消費、チーズ、ナッツ、牛タン、ポテトサラダ、サラミ、麻婆豆腐。

コーヒーは豆から。ミルを持って行きました。

朝は、コーヒー。ペペロンチーノスパゲティ。余りものおにぎり。

行動食はほとんど手を付けず。


ツエルトを張り、沢に降りるために、フィックスロープを張り、
おやすみなさい。

朝は4時起きの予定でしたが、鳥の鳴き声にうっとりして、そのまま6時ごろまでのんびり。

あまりたくさんの距離は歩いていないので、帰りもそう時間はかからないので。

休暇だし。
 朝水汲みしてくれている同行者。
 下山は、私の運動靴は沢は滑ってちょっと、イマイチだったので、隣の御岳新道へ出る提案。

1770のピークに上り詰めました。途中は鹿のベッドタウンでした・・・

同行者はこういう一般登山道ではない道は初めてと思うのに、結構頑張ってもらいました・・・ありがとう!
 シャクナゲ。 シャクナゲはもう開花終わりかけかな~?
 登ったら、向こうの八幡尾根が見えたのですが、写真には写りませんでした。残念。
 シャクナゲが見れてよかった。地図読みし、鹿道を拾いながら、尾根を詰めて、ピークへでると、林道が見えました。

しばらく林道に行き、途中一か所林道から、登山道へ移るところで、林道をそのまま歩いてしまいましたが、ルート復帰し、登山道へ。

同行者は地図読みには不安そう(笑)

そりゃそうですよね~ 登山道の山しか知らなければ。

私は、それにガチガチにルートを決めて、首っ引きで歩くのはキライなので、テキトーに歩きましたし。

どうせ林道が出ているから少しくらい間違っても大丈夫なのです。反対側に歩くとか、大きなミスがないなら。
登山道は、こんな防火帯。冬に着たときには開けて展望の良いところでしたが、今の時期はこんなでした。

林道より、頭上に樹木があるので涼しくて良いのです。

この防火帯を詰めるとまた林道に出て、しばらく行くと、伝丈沢への入渓点に入り、お終いです。

今回は、沢を気に入ってくれたみたいでうれしかった。

ツエルト泊も初めて、シュラフもマットもまだ未所有と言う方だけに、沢山行を気に入ってくれて、嬉しかったです。

沢泊していると、遠くから重低音のどどどど・・・という音がしていたのですが、一体何の音だったのでしょうか?

人里はかなり離れていたはずなのになぁ。

なんだったのかなぁ・・・・

最初に小さな成功ですが、反省点はいろいろありました。




≪御岳林道≫
・地図に記載のない未舗装の林道がある
・P1770へ至る尾根~ルンゼにかけてピンクテープがある箇所がある

≪関連記事≫
御坂山岳会ブログ

Tuesday, May 26, 2015

わくわく明日の準備中♪

ドラゴンフルーツ
 ■ わくわく感

今日は明日の沢の準備中。 

すっごくワクワク♪ 

一体どうしてなのか分からないが、一緒に行く相手が女性になったとたんにワクワクしてきたのだ・・・

最初は男性の友人と行くことにしていたんだけど。

私の夢見る、楽しい山が実現しそうな気がする・・・

前に行った時も、行っただけで、楽しかった場所だ。

いいところだから、ホントは夫も連れて行きたいんだが・・・。旦那さん出張中。

最近、一日一つフルーツを食べることにしている。珍しいドラゴンフルーツが売ってた・・・中身は、タイで食べたフルーツのように味が薄くて、日本のフルーツはホントに芸術品だなぁと思った。 なんで海外のフルーツってあんなに味がないのだろう・・・???

■歩荷

 近所で柏葉紫陽花が終わりかけだった。

実物よりキレイに撮れた写真。

せっかく裏山がある生活をしているので、裏山を味わうべきとは思うのだが、例年、4月の中ごろで、もう裏山は、暑くてやってられない(^^;)。

それでも、4月の歩荷散歩の成果か、今年の春山合宿ではザックが軽く感じだ。

4月は裏山を歩く月だが、5月はもう暑くて無理だ・・・けど、今日は少し歩いてみた。熱風の中だった(^^;)。

地下足袋で歩けるか試してみたのだ。地下足袋悪くなかったんだけど・・・。

今回も、ほぼ宿泊と飲食の装備は私が持つ予定だ。でも、一人分も二人分も実際はそう変わらない。だって一人の時も同じテント使うし。コッヘルも同じのだし。

なので、初心者を一人連れて行くのはあまり負担がない。

もう甲府は窓を閉めていなと、熱で煮えたぎった風が入ってきて、不快だ。明日は登山日和の予報で、きっと木漏れ日の下で、気持ちが良いだろう。

 バラの花を摘んで来たら、素晴らしい芳香!

甲府はバラがとても多い。

たぶん、暑い気候があっているんだと思うのだが・・・

近所の誰も住んでいないようなあばら家にも、バラのブッシュがあってたくさん花が咲きすぎて、重すぎて、頭をもたげているくらい・・・。

豊かな土地柄だといつも思う。

バラは肥料喰いというが、どうみても放置されているのだけどなー。

人間がいなくなっても、自然は困らない。

単純に正常化に向かうだけだろう。

でも、自然がなくなると、人間は困る。

この関係が、なぜか逆転しているのが不思議。



 コーヒー豆を持って行こう!と思っている。

美味しいコーヒーっていいよね~

最近きゃろっとという北海道の焙煎屋さんの豆を定期購入していて、昨日来たところだ。

ここは新しいやり方で商売しており、そのマーケティング努力に好感が持てる。毎月、約4000円で、自動的に、3種類のスペシャルティ(農園指定、産地直売)の豆を届けてくれる。

コーヒー豆の世界は、大手商社バイヤーの寡占が進んで、価格は買いたたかれて、味も落ちる一方だったが、その反省から、直売でのフェアトレードの動きが進んでいる。

南北の貧富の格差解消する市場システムとして、ひとつのモデルケースとなるのではないだろうか。

だから、豆も「ブルマン」とかの大雑把な指定ではなく、「ニカラグア・リモンシリョ農園 パカラマピーベリー」だ。

つまり、「甲州ワイン」ではなく、「”〇△里ぶどう園甲州 樽発酵」、というわけ。

実際、道の駅で野菜を買う時も、わたしなんかは生産者の名前を見て買う。 野菜を見る目も肥えてきたので、土づくりなどをサボっている農家のはなんとなく分かるし、米も人気の米とそうでないのがあり、地元ではおいしいものは、産地ではなく、作り手次第というのは、昔からの常識のようだ。

ピンボケになったが、甲府の水。

沢では無菌のきれいな水は万が一の怪我用。
水道水でOK。もし怪我をしたら、傷口を洗うのに使う。いつもザックに入れている。

 沢といっても、濡れる沢ではなく、のんびりしに行く沢なので、こんな恰好。

半袖Tシャツ、長そでシャツ、クロップ丈のパンツ。

Tシャツはウール、後は化繊。

下着はファイントラック。今回は濡れないので必要はないが、いつも山ではファイントラックのアンダーを着ている。

黒のメッシュが色っぽいという噂だ(笑)。

今回はたき火をするので、焚火の場合は、オシャレウエアだと穴が開く可能性がある・・・

ので、高い服は着ない方が良い。

いつも思うのだが、山では黒はイケテいない。蜂が寄ってきたら嫌だし、熊と間違われて打たれても嫌だし。 

かといって、九官鳥みたいに、色々な色を着る必要はないが、自然の中で人間と分かる色がいいと思う。

野生動物に人間と認識してもらいたい、そして、距離をおいてもらいたいなら。

靴は地下足袋&メッシュ運動靴。

化繊のふかふかタオル。これは脱水したらすぐふかふかの優れもの。

柔らかい肌触りと言うのは自然の中で、ありがたいものの一つだ。枕にする予定。

でも、手ぬぐいも持って行く。手ぬぐいはコットンだけど、夏山ではすぐ乾く。色々応用が効くのは手ぬぐい。


 必携アイテム 軍手。 焚火するには必要。

簡単な登りなら、細かいホールドを掴むことはなく、どちらかというとホールドは抑える系なので、これで充分。

今回は手を使うようなところはなく、足で歩くだけのところなので、焚火用だ。
 レスキューシート。

登山を始めた頃から持ち歩いているが、出番が出たことがない。

タダでもらったものだし、あげてもいいようなものだ。

100円ショップにも売っている。ホントに温かいのかなぁ?

いぜんビビィサックは試してみて、なかなかいいなぁと思ったのだったが。
 ピンボケでうまく取れなかったが、明日の準備。

寝具系: マット、寝袋、カバー
食事系: コッヘル大と小 ガス1缶、バーナー、ライターマッチ、それにろうそく。

 火をつける道具は重要。

あとは、日帰りと同じ基本セット。

基本セット:ヘッドライト、雨具、コンパス、ナイフ、非常食、防寒具。

食事は好みも色々あるので、会ってから決める系。

沢だと防水に色々言うけれど、実は、濡れてはいけないモノの方が少ないんだよなぁ。

雨具は雨具だから濡れてもいいし・・・金具類は濡れたところですぐ乾く。



羽毛のシュラフとか、ガスのヘッド、マッチやライターが濡れると即ピンチ・・・

 お役立ちアイテム、ネオプレンソックス。ネオプレンは、寒いときの味方であり、暑いときはさして重要ではない。

が、一般に暑くて困るより、寒くて困るほうが多く、また切ない。

ので保険。沢靴にはく。どうもワークマンので十分のようだ。



道なき道のお役立ちアイテムは、防虫ネット!

虫より、蜘蛛の巣が引っかかる不快さを軽減してくれるので、非常におススメ!

ストックを振り回しながら歩く必要がなくなる(笑)。

虫除けパッチは効果のほどは不明だが、香りが気持ち良いのでおススメ。

どうも野生動物は、人間の香りで人間を避けているらしいので、なんらかの人間界の香りを漂わせている、というのは重要なことだ。

あんまり自然児になりすぎてもいけないってことかな?

あとは、スプーンと箸くらいを持てば、準備完了。

■ 私らしい山

楽しみだなぁ~。

なんというか、この楽しさを紹介してあげたいって気持ち。

私は前に行った時、すっごく楽しかったのだが、一緒に行った人は、トレーニング用にすごい重いザックを担いできていて、「易しすぎてスイマセン~」と思ったのだった。

アルパイン系の人にはツマラナイ沢であるに、違いない。

私の山は、

・お金がかからない山
・地元のマイナールート
・地元の岩
・地元の沢
・地元のアイス

だ。

登山史的に見れば、今の若い人に大志がないのは残念かもしれないが、甲府生活を楽しむためという理由でやる登山なのに、8000mや5.15を目指す競争に参加する必要があるんだろうか?ないよなー。

そりゃ登山史に敬意を表する意味で、前穂北尾根や四尾根くらいは行った方がいいって思うけど。

そう言う意味では、旗立て岩行きたいなー。乾徳山です。行きたい理由は地元の”由緒ある”岩場だから。

まぁもっと正確に言うと、”地元にも顧みられない岩場”ともいえる。忘れ去られた岩場だ。
地元の人たちは基本的には地元の資産には全然興味がないものだ。どちらかというと、ないものを数え、あるものについては無知である。

山をしているのは、甲府にいるメリットを最大限に生かしたいから。今ある資産を生かす、ということです。

ただ甲府は、登山はあまり盛んではないし、地元の沢はガイド集に乗っていないので、開拓は大変。

でも、ふと思ったんだけど、私はもう一人で、出かけても地図が読めないということで、道迷いになって帰ってこれなくなる可能性は限りなく、低いような気がする。

すでにそういったことを避ける知恵も、技術もあるような気がする。



Monday, May 25, 2015

地下足袋?

■ 地下足袋?

今日はワークマンへ鋲付地下足袋を見に行ってきた・・・ 残念ながら、サイズがなかった。

My地下足袋

場所がワークマンだけに23.5がないのは普通だ。けど、24もなかったので、きっと足の小さい男性がすぐに買ってしまうのだろう・・・

これは沢の下山用の靴にいいかな~と思ったため。

でも下山には一応、ビブラムソールのアプローチシューズがあるから、取り立てて急ぎではない。

クライミングに地下足袋履いて行ったら、受けるかも?!


■ 地下足袋がよさげな4つの理由?!

地下足袋って、もしかして、いいのかもしれないな~って思うことがある。
 
 1)バレエシューズと似ているから

というのは、私は前の趣味がバレエで、バレエではバレエシューズと言うペロンペロンの靴を履く。
裏に皮が付いていて、アッパーは布なので、靴からのサポートというのはゼロ。でもこれで、ジャンプしたりターンしたりと色々と忙しい(笑)。

 2)柔らかいトウシューズ

バレエでは、トウシューズ(玄人はポアントと言う)を履くのだけれど、シャンクが固いポアントは、足が弱い人向け、というのが定番だ。 靴底の柔らかさは当人の足裏の強さと強い相関関係がある。

 3)クラミングシューズとにているから
クライミングシューズって足裏はやっぱり柔らかいような?

 4)わらじ

初めての沢に行った時、地下足袋とわらじで結構、快適だった。

 5)トレランシューズ

トレランシューズは足首のサポートがない。けど走れるくらいなら、充分なのかも?

以上がその理由だ。でも登山靴があるのに、わざわざ地下足袋で歩く必要もないからなぁ・・・

■ 長靴のメリット

冬の里山歩きは、鋲付長靴が結構快適だ。 里山ピークハントは距離が長くないからだ。

今年は、節刀ヶ岳北尾根と大室山、チョキ、三つ峠が長靴・・・ 長く歩くのでないときは長靴は結構快適だ。春の三つ峠で長靴にしたら結構疲れてしまった。

長靴の特徴は
  •  傾斜が出てくると足と靴がずれて長靴が脱げてくる
  •  ワカンはつくけど、アイゼンはつかない
  •  岩に弱い
  •  濡れない
  •  長時間履くと疲れるので長い歩きには向かない

という点にある。わかんはつくけど、アイゼンはつかないけど、これは鋲付を買えば済む。

冬に徒渉がある場合なんかは、長靴は重宝する。けど、全然、岩やアイスにはその鋲は有効でないので注意が必要だ。
数か月前とは思えない

■ 靴底が固い靴

靴底の固い靴は、岩角に乗るときには役立つのだけど、私は足首の柔軟なほうが岩では歩きやすいような気がしてしまう。

雪の上は、絶対に足裏が固い靴。 八ヶ岳のように非常に寒い場所も、ちゃんとした高いお金を出して、冬用の靴を買った方が良いと思う。

アイスクライミングで、徒渉があって、冬靴で真冬の沢に一回足を突っ込んでしまったけど、冬靴は優秀で濡れなかった。 冬に足や服を濡らしてしまうと、もう山行は終わり。とっととおうちに帰らないと死んじゃう。

なので、夏は濡れてもいいっていうのが、気が楽だ。 

■ 濡れ

登山では濡れてはいけない・・・としつこく言われるけれど、夏に沢を経験しておくと、濡れることにたいする対処の幅が広がる。

速乾性のものがあれば、濡れることは、冬ほど恐れることではない。 濡れた体で、風に吹かれなければ・・・尾根は暑いので、大体濡れてもすぐ乾いちゃうし。

寒いのは着ればいいけど、暑いのだけはどうしようもないな~といつも思う。

■ ちょっといいかも?要検討リスト

プロ用防水地下足袋

秀岳荘 オリジナル渓流足袋

釣り用の靴


技術ではなく技能を付けよう

■ 技術と技能

昨日花谷さんの講座では、技術と技能は違う、という言葉の使い方をしていた。一般的には”経験不足”という言葉で言われる内容のことだった。花谷さんは「みなさん技術を重視しすぎだ、もちろん技術は重要だが…」と言っていた。

≪例≫
 技術          技能
 タイオフできる    どの木にタイオフするか分かる
 エイトノットができる どのような場合にエイトノットが使えるか分かる 
 アンザイレン     きちんとアンザイレンできる 場合によって使い分けられる
 懸垂          落石を起こさないで降りれる 
 登れる         美しく余裕を持って登れる
 
というような感じだ。

端的に言うと、技術は5分で覚えられる。技能のほうは、細心の注意判断力が必要だ。

実際はアルパイン1年生で技術をマスターしても、技能の面で怪しいので、技能がボトルネックとなるような山には行かない。

平たく言えば、”今の技術で行ける”山に行く。

■ 経験者がいないと、どこにもいけないのか?

それでは経験者がいないと何処にも行けないのか?というと、それも違う。

 今の技術で行けるところに行く

という言葉で表現されることが多い。その具体的な内容が、普通の人にはわからないのではないか?と思うのだが、こういうことだ。

例えば、春山合宿の真砂尾根は念のためのロープだ。ロープにぶら下がることがない、前進用ではないので、多少あやふやでもOKだ。偶発的な滑落などに備えるためのもの。普通の技術があればまず滑落はしない場所しか歩かない。

実際、3年目の人の確保は、スタンディングアックスビレイをその場で教わってから、やっていた(笑)。おまけに一度はビレイせず手を離して写真を撮っていたりして、も~ちゃんとしてよーと思ったが、別に私は死んでいないし、問題なく帰ってきている。つまり、今の技術で行ける所に行く、とは、そういう場所を選ぶ、ということだ。

ではこの人と、小川山のマルチピッチに行くべきか?というとちょっと難しいと思う。そうするには、数回以上の人工壁での、リードフォローの経験蓄積が必要だ。必要な真剣みが違うからだ。それを理解するだけの経験の蓄積が彼にはない。

■ 経験と言う言葉を避ける

花谷さんは、このように技術と技能という言葉を使って、慎重に ”経験”という言葉を避けていたのが印象的だった。

もしかして、経験、経験、とうるさいくらいに言われるのは、ウンザリという人心への配慮かもしれないと思った。若い人は大抵は聞く耳持たないものだ・・・

経験が必要と言われても、経験者と一緒に行った山で、「なるほど~経験が必要だな~」と思わされることはめったにない。

経験よりも、”常識”とか、”知性”とか、”観察力”、”洞察力”、”理解力”、”字頭力”、”先を見る目”というようなものが必要そうに見える。

なので、若いクライマーに「経験、経験」と口を酸っぱくしても、あんまり効果がないのではないだろうか???

それはベテランが力を示し損ねている、とも言えるし、実際は経験というより、

 個人の総合的な知力

による面が大きいような気がするのだ。

だって、私が尊敬する人は平たく言えば、みなすごく頭が良い人ばかりなのだ。師匠もそうだし、会の先輩もそうだし・・・尊敬できると思った人はみな賢い人なのだ。

しかし、頭の良さというのは、あまりクライミングや登山では重視されない。

でも、登山の歴史を見ると、そもそもが紳士のスポーツだったし、今もトップクラスのクライマーを輩出しているのは、大学山岳部であって、社会人山岳会ではなさそう・・・ということは、つまり、やっぱり、基本的に知力の強弱が重要なのだろうと思う。悔しいかな。
 
■ 根拠にならない年齢、性別、登山歴

繰り返しになるが、技術とは、結びの種類など。技能はどの木を支点に使うかの判断。

ほとんどのアルパイン初心者は技術を使いたがり、技能については、おなざりだ。結びができれば自分にも登れると思ってしまう。

けれども、実際は、どの木を使うか?というようなことを例に挙げると、観察力や認識力が必要になる。そのあたりは、単純に腕力が強いから優れているとは言えない。知性が必要だ。そのあたりをあまり認識していない点が、同行者に対して私が怖いなと思っている点だ。

だから、山岳会を選ぶときはもっとも安全そうな山岳会を選んだ。去年一年は会を観察して過ごした。その結果、思うのは、

 ・何年の登山経験があっても自分で山を登っていない人はダメだということ
 ・女房役をやってきた人はたとえ男性であっても、やはり判断力で人任せなこと
 ・年齢は判断力が優れているという根拠にならない
 
だ。山歴の長さは信頼するという根拠にならないし、性別も年齢さえも信頼するに足るとする根拠にはならない。その人の行動から、力を推し量るしかないのだ。

しかも、ベテランであっても常にあっているとは限らないので、サポートしてやらないといけない。サポートするのは、フォローで行っているメンバーのメンバーシップ上の義務なのだ。

≪まとめ≫
 ・登山歴
 ・年齢
 ・性別
は山で信頼するに足る根拠とはならない。 

・どんなに優れたリーダーにも、メンバーからのフォローは必要。


■ では、信頼に足るリーダーをどう見極めるか?

男性陣は、私が不安がるので、結び目を作って見せてくれることが多い。 でもいくら結び目が出来ていても、問題はそれがどの木に結ばれているか?つまり技能なので、あまり安心の材料にはならないのだ。残念ながら…。

結び目が結べることは、信頼に足るとする十分条件ではなく、必要条件に過ぎない。 

■ 不整合は不安要因になる

プアな支点
120点のアンザイレン
例えば、この左のトップロープ支点は、ある男性が作ってくれたものだ…後ろにもっと良い選択肢があるので、適正な解とは言えない。

が、アンザイレンはラビットと安環付カラビナ2枚だ。しかし、普通は別にアンザイレン用のノットがラビットではなく、エイトノットだからと言って問題ではないし、安全環付カラビナが1枚で2枚であるからと言って非常識クライマーとは言えない。このラビットは100点満点でいうと、120点となるほどの念入りのアンザイレンだ。

しかし、このトップロープ支点の充実度とアンザイレンの充実度がミスマッチしているというのは、言える。

この不整合さが不安の元凶となる。 もちろん、

・人は成長して行くもの
・このプアな支点でもこの場合は十分用足し

の2点の理由で、この人が危ない登山者であるとは言えない。が、成長して行く謙虚さがあるかどうか?自己反省力があるかどうか?は重要なポイントだ。

■ 整合事例 信頼に足ると確信できる事例
120点のと支点


120点のアンザイレン

しかし、この組み合わせの場合はどうだろう?支点の安全さとアンザイレンの安全への配慮具合に、ミスマッチ感がない。

同じ姿勢、同じ思想が貫かれている感じがするし、実際その通りだろう。

つまり、ミスマッチ、技能の濃淡、がないというのが、安心感の大元だ。

■ 隠された条件判断を読み解く
 
ちなみに、私も師匠も、アンザイレンは、普通にタイインループにエイトノットで結ぶ。

ラビットノットでアンザイレンするのは、ゲレンデクライミングでトップロープ主体だと、

 ・登り手が頻繁に入れ代わり、
 ・そのたびにエイトノットを解くのが面倒で時間の無駄になるから

だ。それ以外では、安環みたいに重いものを余計に持つ根拠はないかもしれない。

必要がない場所での重い荷物はそれだけでリスクを増すのだ。

■ 一貫性

つまり、一口に技術がある、ないと言っても、技術そのものよりも、

 状況にあった技術を選ぶ能力
 技能

のほうが重要なことは少なくない…。たとえ、少しくらい余計に時間がかかっても、エイトノットをきちんと結んでくれたほうが、上等なラビットを安環付カラビナ2枚で結ぶより良い場合がある。

たとえば、一度結んだら、当分結びっぱなしのアルパインクライミングで、重い安環付ビナを2枚も余計に使ってアンカー用が足りなくなれば、本末転倒だ。

もし普通にエイトノットで良いアルパインクライミングで、ラビット×安環付2枚でやっている人がいたら、熟練より、未熟さやクライミング全般に対する視野の狭さを感じさせるだろう。ああ、ゲレンデクライミングしか知らなかったんだな~この人、と思う、ということだ。

だから、未熟さというのは、一貫性の不在で分かる。それを一般的には、人は

 分かっている

という言葉で表現する。「あの人はわかっていないから・・・」などだ。

山行に合わせた技術を選ぶというのも、その人の、理解度(視野の狭い、広い)を伝えてくれる材料になる。

一言で言えば、適切かどうか?となるが、それだけでは説明され尽くせないし、そこが本格的な、という形容詞で形容される登山のむずかしさであり、面白さかもしれない。

≪まとめ≫
・一貫性が実力を見抜く鍵
・バカのいっちょ覚えではなく、適した技術を採用する力=実力

いぜん読んだ本で、強みをPRしているつもりで、欠点をPRしているかもしれない、という言葉があったが、そうならないような注意が必要だ。

Sunday, May 24, 2015

知名の成功者、無名の成功者

昨日と今日は二日連続で人の集まる場所に出かけた。

■ 成功とは何だろうか?

登山はいつだって人生の縮図であることが登山の魅力だ。

しかし、登山の成功は置かれた状況により異なる

登山を知らない人が感じるように、単純なる”登頂”は、登山の成功ではない。

一般に、登山が昂ずれば昂ずるほど、”下山”がむしろ登りより難しいことを皆知るようになるし、難しい登山にステップアップすればするほど、成否の7割が計画そのものにかかることになる。計画の優劣はそのまま成否となる。

一般登山は、コンディションが良ければ、登頂して、下山で、コケずに帰れたら成功だ。それでも、しかし、嵐に見舞われたら、天候からさっさと逃げ帰ってくることが成功になる。

■ 雷

2年ほど前のこと、不本意な入山時間で登らなくてはいけなかった。6時間の標準コースタイム、私は4時間半で登れる尾根だ。午後は悪天候の予報が出ている日で、お昼過ぎには到着しているつもりだった。8時には用意ができたいたが一緒に連れて行って欲しいと言われて、9時になった。

連れて行くのは大学生の初心者の女の子他、2名。揃ってみると、あまり山に登った経験がないことは一目瞭然。一緒に歩くと、歩き方も、たどたどしく、高度感があるところは怖いようだったので、一部スリングを出して確保。第一、歩くのは、初心者向けとは到底言えないルートだった。結局、6時間のコースタイム通りかかったが、早く歩け、とは、あぶないし言えない。

当然、最後のほうは雷雲につかまった。その時点で、この登山の成功は、雷に打たれさえしなかったら、成功となった(^^;)。

稲妻も見えるし、夏の雷だけは運次第。頭の中には、松本深志高校の落雷遭難のことが駆け巡り、河になって流れる登山道の水を避けて歩くよう、指示したほどだ。ずぶぬれで、なんとか安全地帯に着いたときは、気分は命からがら”生還した”という気分だった…(笑)。向かえてくれた人もホッとした顔だったから、かなりヤバかったのだろう。登山のひとつの”成功”の形だ。

■ 状況

人生においても、人はあらがえない状況に置かれるのと登山は似ている。自分がコントロールできることとできないことを峻別するのは大事なことだ。

人は親を選べない。たとえどんなに立派そうに見える親でも、どんな人も生い立ちに不服や不満を持たない人はいない。そしてトラウマと言うような心の傷を抱えていない人には、一人として会ったことがない。

・・・だとしたら、家庭内暴力や貧困の被害者ではなくても、大人になった時に、生い立ちのトラウマを断ち切って、暮らすことができていれば、それはひとつの成功のあり方と言えるのではないかと思う。

良きも悪しきも、生い立ちに影響・限定された生き方をしていないこと、は一つの成功の姿、目安と言えると思う。

■ 人のせいにする習慣を直すことができる登山

子供時代を20年と仮定すると、それより長い30年や40年という時間を、理想的でなかった子供時代を恨めしがって過ごすと、さすがに親はもう責めれないため、世の中を責めはじめる。

「出来ない人は言い訳を探し、できる人は方法を探す」と良く言われる。

だから、苦言を言えば、デキない言い訳を羅列している人は、そういう人間になってしまっていること、が一つの失敗の事例だ。子供は「そういう大人にはなりたくないな」と思わさせられるだろう。

だから、子供がこうなりたい、と思える楽しそうに生きている大人が目に見える形で存在することはそれだけで社会貢献だ。

登山でも人の世でも、起きてしまったことは覆しようがない。雨や風を嘆いても、雨や風がやむわけではない。足が痛くても降りるしかない。

ので、とにかく次善の策を探す。

登山に適正がない人は、常に次の行動を見て、次善の策を探すと言うことができない。判断は次から次に訪れ、ほとんどの困難は連続的なので予想ができることだが、予想をしないため、案の定、ピンチに陥る。

一方、安全だけを求める人も、登山に適正がなく、100%の安全が欲しい人は家でじっとしている方が良い。山になんか行かないほうが良い。

かといって、逆に危険を求めすぎたり、目標達成への執着がすぎると、退却するべき時を見誤る。

主役は山であって、人間でない。

そうしたものは、すべてバランスで、バランス感覚が適正であることが、その登山者の成熟度、熟達度と思える。

ほとんどの遭難は、そのバランスを欠いた、ヒューマンエラーで、転滑落さえも本来は防げたはずの事故だ。不注意や実力不足。計画段階でバランス感覚の欠如は大体垣間見える。たぶん、このことを登山のセンスがある、ないとベテランは言っているように思う。

登山は一つの山行だけを見ても、その人の生き方が分かるし、山行履歴を見れば、どういう生き方をしてきたのか?が良く表れる。

(言っていること)と(やっていること)が、同一である人は少ない。

しかし、同一であれば、かならず、それは、その人の内在的な自信になる。だから、言動を一致させることは、自分自身を成功者とするために大事なことだ。

■ 知名の成功者

今日は花谷泰広さんの講演会だった。一つも特殊なことは言っていない。

 1) 下調べをする (天気、山の状況ヤマレコ、危険個所、装備)
 2) 山に元気をもらいに行かない 山には元気な時に行く
 3) 黙って山にいかない
 4) 山の危険を優先する ”せっかく来たから”はNGワード
 5) 山の基本は歩行 上を向いて歩く
 6) 判断に根拠を持つ
 7) ”勇気ある撤退”はない 退路を断たない
 8) 3歩歩いて2歩退く
 9) 技術≒技能
 10) 防御力を持つ

成功の一つの目安は、周囲の人が、その人が行っていることに耳を傾ける、ということだ。彼の言っていることに、もちろん過去も周囲の人は耳を傾けてきただろう。しかし、ピオレドール賞を取ったことでさらに耳を傾ける人は増えただろう。

一方 多くの無名の人々の中にも、多くの成功者は、存在するのだと昨日は確信した。そうした人々は、耳目は集めないが、その必要自体がないのだろうと思った。

ある人に取っては、耳目の注目を必要としなくなったときこそが真の成功と言えるのかもしれないし、ある人に取っては、耳目の注目は、あらたな試練であるのかもしれない。

知名にせよ、無名にせよ、その根拠となる成功は、登山とまったく同じく、当人が自ら知るところにあるものなのだろう、と思った。


Friday, May 22, 2015

読了 『死を悼む動物たち』

■ 死を知っていること

アダムとイブは、禁断の実…それを食べると知恵が開くという…を食べ、楽園を追われた。動物と人間を分ける知識…知恵の実、に当たるものは、死の知識だ。動物界の中で、人間だけが自分は死ぬということを知っている

動物はいつか自分が死ぬ運命にあるとは知らないが、仲間の死を目にしたとき、動物によっては、死を悼むようなそぶりをすると言うのが、この本の訴える内容だ。

つまり、動物は死を知らないが、喪失の痛みは知っているようだ。つまり、仲間が死ねば、それが分かる。仲間の死を悼むように思える動作…死骸をつついたり、しばらくそこに佇んだり、などの行動をする。それは、死を理解しよう、受け入れようとする行為に思える。

動物が相手の死を悼んでいるとは言えなくても、

 死という事実を受け入れるのに、時間がかかるということは人間と同じ

ということだ。それは人間と全く同じだ。

弟が死んだとき、葬式と言うものは死者の為ではなく、残された遺族がその死を受け入れるためにあるものなのだ、と理解した。

死とは受け入れるには時間がかかる事実なのだ。特に、突然死の場合は。

■ 愛とは一緒にいること

動物も一生を生き抜くのに、コンパニオンを必要とする。

ある猫の姉妹は、生まれたときから一緒に暮らしていたのだそうだ。ある日、片方が死んでしまうと、これまでのように餌も食べれなくなって、衰弱してしまう。そこで、別の猫を連れてくると、亡くなった妹猫の代替えとはならないまでも、また食事も戻り、日常をやって行けるようになる姉猫。

人が一人きりで生きていけないように、にゃんこも一人きりでは生きていけないんだなぁと思った。

猫や犬などの動物にとって、愛情の表現はすごく単純で、

 一緒にいる

ということだ。

それは人間にとっても当然至極のことで、子供たちが親に要求しているのは、実際ただそれだけのことだ。子供はおいしい食事をくれとか、高い衣服を買ってくれ、良い学校に行かせてくれとか、親に要求しない。そういうものは、親の方が勝手に子供に押し付けるものだ。そのような、言ってみれば2次的なもののために、結局、大抵の場合、親は子供と十分な時間を過ごすというほうを選ばない。

経済的豊かさと子供と過ごす時間では、経済的豊かさを選ぶ人がほとんどで、例えば一家の大黒柱である父親の立場のように、やむを得ない場合でさえも、子供が必要とする愛情の確認を十分与えることをしない。

人は自分がされたようにしか次世代を扱うことができないので、親のせいではないが、結局、愛情不全状態の再生産に陥っているようにさえ見える。

一方で、人は孤独に恐れおののき、ペットに救いを求める。ペットは最後の砦なのだ。

■ 理想郷の住人

私はいつも欧米の人たちは動物との接し方が上手いし、動物と適切な関係を築いていると思う。

飼い犬は甘やかされておらず、猫は猫で、猫かわいがりはされていない。動物のありのままの”さが”を受け入れ、愛していて、素晴らしい態度だなぁといつも思わさせられる。犬にはご主人様が必要だし、猫には自由が必要だ。動物にも感情があることを当然と受け止めている。

動物に対する特別な愛… 馬への敬愛とか、猛獣への恐怖を伴う憧れ、一夫一婦制を守る野生動物の観察など、動物とともに暮らした民族なのだと感じることができる。

それは、熊や鹿などにに対する日本人の感情の持ち方とはまったく異質で、共感をベースにしているような気がする。日本人の場合は、鹿の力強く唸る筋肉を見てうっとりした、というようなことはないだろうし、熊だってその勇猛な姿に畏怖を感じた、ということはないだろう。これが海外のサラブレッドに対する感傷的な想いや、バイソンに対しての畏怖ならば、意味が通りスッキリする。

西洋の人たちは、ある意味、野生動物に理想郷の住人として、あこがれを抱いているようだ。

■ 死

自分が死ぬことを知っているため、人間は理想郷には生きていない。

死の認識が人間にどう働くか?というと、誰もが思いつくのが恐れだ。

人は死を恐れるがために子孫を残すのだろうか?

自分の遺伝子が後世に残ったことで安心するというのは、いぜん誰かから聞かされた。昔から洋の東西を問わず世継ぎ問題は大問題だ。しかし、自分の遺伝子をこの世に残すことができたとしても、自分の死が回避できたわけではない。

死は予想できず、回避もできないので、結局人ができることは、唯一、今の時間をよりよく過ごすことだけなのだけれど、それがどういうことなのか?理解するのが難しく、理解できた頃には、すでにそれを生きる時間が残されておらず、死を目前にしている、ということに世間の相場は大体決まっているように見える。

充分に生きるとはどういうことなのだろうか?それは動物の生き方に観察することができるのではないだろうか?

この本は、久しぶりに読む良書だった。

良書である理由は、巻末に観察の根拠となる論文リストが載っていること。つまり、すべて学術的な観察を基にした推論や考察であって、きめ細かく、決めつけや誤謬、認識違いを避けていることだ。

是非一読をおススメする。

類書としては、テンプル・グランディンの本があり、こちらも非常に良い本だった。



幸福とは何か?の個人的回答

■ 駅まで送って行く

今日は夫は出張で、朝はのんびり10時半の特急あずさに乗ればよい、ということで、一緒に駅まで出かけた。

わたしに勤めがあった時は、毎朝一緒に出社していて、通勤電車も、途中までは一緒だった。都会の朝の通勤ラッシュはツライものだ。

一緒に通勤が始まったのはどうしてだっただろうか・・・・

夫の実家は大阪のほぼ最南端、光明池にあり、出社するのは門真市で、当時、2時間半くらいかかった。これは東京首都圏の人にとっては大した出勤時間ではないが、関西圏の人にとってはとんでもなく長い通勤時間で、常識的には一時間くらいの通勤時間が普通だ。

一方、私は、北部の吹田市にある豊津という下町情緒あふれる町にいて、風呂なし、トイレ共同の家賃3万円の長屋に住んでいた。

夫からすると、豊津の、この家のほうが通勤に便利だった。通勤は一時間かからないくらい。梅田経由で行くと混んでいるが、大阪万博公園で乗り換えて、モノレールで行けば、そう混まずに済んだ。

周囲には商店街があり、ベテランのおばあちゃんの美味しいたこ焼きを買って帰ることもできたし、梅田までは、ほんの20分。近くに銭湯があった。

豊津時代は、面白かった。そもそも豊津に住んだのは、アメリカから帰ってきたとき、頼りにした大学の先輩が、たまたま豊津にマンションを買っていたからで、奥さんは、嫌々そうだったが、4日間ほど先輩の家に上がり込んだのだった。だって、帰ってきたときも、5万円しかお金をもっていなかったしね(笑)。

翌日から当日払いのバイトには行ったけど、とにかくどこかに家を借りなくてはいけないというので、その先輩についてきてもらって、不動産屋へ行った。不動産屋の中でも、墨と朱で、達筆な貸し間の広告を藁半紙に書いて出しているような、昔からの不動産屋さんをわざと探した。

■ 冷蔵庫

最初に紹介された長屋が松和荘だった。その長屋は隣にある大家のおばあちゃんの年金代わりなのだそうだった。下に6部屋、上も6部屋、半分くらいは空いていた。敷金15万円、家賃3万円。女性だというので2階をあてがってもらった。玄関は共同、シンクはタイル張りだった。

引っ越し時は、ホントに何もなく、また私はお金がなかったので、近所の電気屋さんの裏口に冷蔵庫が捨ててあるのを見て、電気屋さんに赴き、「もらっていいですか?」と聞いたら、「いいよ」との話。そうしたら、「どこに住んでるの?」と聞かれ、「松和荘です」と答えると、「じゃあ運んであげる」とのことだった。いいのか?!と思ったけれど、到底女一人では運べないので、ありがたく運んでもらった。

その冷蔵庫は、しばらく家で活躍していたが、3か月ほどで動かなくなってしまった。それを電気屋さんに言いに行ったら、「もっといいのがある」ということで、交換?してくれた。 その時も運んでくれ、「ここに名前と住所を書きなさい」と電気屋さんが言うので、書いておいたら、その年の暮れに”粗品”が送られてきた(笑)。ソックスだった。何も買っていないのに。

松和荘の時代は、そんなこんなで、テーブルや椅子もみんな近くのお金持ちエリア、丸山町から拾ってきたものだ。粗大ごみの前の日に夜でかけたり、会社帰りに発見したり。そこには豪華な壺や鉄の茶瓶なんてものもあった。だから、日本は豊かな国だなと思った。

テーブルは、廃業した喫茶店のもの。綺麗に汚れを落として、ペンキで塗装、椅子も表面の張地を張り替え、塗装してから使っていたので、誰も拾ってきたものとは思わない。引っ越すときは、欲しいと言う人がいて、みな大学の後輩にもらわれて行った。

大学4,5年と、社会人になってから2年のトータル4年間を過ごしたが、その時代は、家にほとんどいることがなく、大学にいるか、会社にいるかで、寝るだけの家だったので、壁は薄く、隣の音は、筒抜けだったが、家に帰るのは夜10時近く、朝は8時には出ているので、全く何も問題なしだった。

ハーブを育てたいと思って、拾ってきたすし桶をプランター代わりにして窓辺に垂らしていたのだが、そこにヤモリが棲みついて、出てきたハーブの芽を全部食べてしまったり、びっくりするような大きなタランチュラが部屋の中をどうどうと突っ切って行ったり、窓を開けて寝ていると、蜂が巣をつくりそうになったりして、色々と面白い家だった。

数年前、大阪に帰省した時に、あの家はどうなったのだろうか…と思い、通りがかりに見てみたら、もう無くなっていた…。きっと大家のおばあちゃんが亡くなって、年金の必要がなくなったのだろう…。

まぁ、何を思い出したかと言うと、そういう時代から、夫とは一緒に出勤していた、ということで、私の基本的な幸せはそこにあった。

今は甲府では車通勤になってしまい、夫と肩を並べて歩くには、わざわざ機会を設けなくてはならない。

そのせいで、山に登っているのかもしれないと時々思う。

夫が出張に出るときは、私は新大阪まで一緒に行って送り出し、私が海外出張の時は、夫も空港まで送ってくれたり、迎えに来てくれたりした。

今までもそうして来たし、ずっとそうして行けたら、あとのことは大した問題ではないのだろう。


喰えない地方の事情?

今日は朝からこんなニュースが飛び込んできた・・・

以下コピペ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

補助金不正疑い10億円超 大北森林組合 県が調査報告 【信毎】05月01日(金)

 大北森林組合(長野県大町市)による補助金不正受給問題で、県が設置した検証委員会(委員長・高橋聖明県弁護士会長)は1日、県庁で2回目の会合を開き、県側が4月28日時点でまとめた不正受給額の調査状況を報告した。県が県側にある資料を基にさかのぼって調べた結果、同組合が2007~13年度に受給した計10億9677万9千円に不適正な申請の疑いがあると指摘。10~13年度に少なくとも計2億2190万円とした1月公表の金額を大きく上回った。
 県によると、同組合が07~13年度に受給した森林作業道整備と間伐などの補助金は計16億5637万9千円(1796件)。66%に当たる10億9677万9千円(720件)について、県は「不適正な申請の疑いがあり精査している」とした。内訳は森林作業道が5億248万円(358件)、間伐などが5億9429万9千円(362件)。

 大北森林組合の第三者委は4月28日の中間報告で、09~13年度に受給した補助金のうち7億2100万円は不適切だったと公表。県が4月28日時点の調査で不適正の疑いがあるとしたうち、09~13年度分は9億4100万円で金額が食い違った。この点について県は組合の第三者委が公表した結果と付き合わせておらず、「何とも言いようがない」(森林政策課)とし、今後、組合側に確認を求める考えを示した。【自分が調べる能力欠如!】

 一方、組合の第三者委が4月27日、県北安曇地方事務所林務課職員が組合に補助金の架空申請を依頼したとみられる、として公開した組合宛ての電子メールについて、検証委の高橋委員長は終了後の記者会見で、県にはメールが残っておらず前後関係が確認できないとし、「県が主導したと評価するのは難しいのではないか」と述べた。【何が言いたいのか?悪事を県が唆したから?だったら、その県職員を名指しせよ!懲戒免職が森林課全員でも仕方ないがこれが馴合いの両班官僚構造だ!】

 ただ、検証委はメールは県側が送ったと判断。その上で県側に当時の送受信メールが残っておらず、県が組合に確認したところ、組合にも県に送ったメールが残っていないと聞いた―と指摘。「前後関係が確認できない」と述べた。

 高橋委員長はメールについて、▽架空の申請を促した▽実績のある申請の前倒しを依頼した▽後で実績をつくってもらう前提で申請を頼んだ―など、複数の趣旨が考えられるとし、判断を保留した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 大北森林組合 
大北森林組合は このPDFによると、4571人の加盟員がいるのだそうだ。
https://www.pref.nagano.lg.jp/rinsei/press/happyou/documents/siryou.pdf
10億円を4570人で割ると、約22万円強になる。不正受給していた期間が5年とすると、
  一年間あたり一人当たり約4万円
10億円を不正受給と聞いても、2億円を不正受給と聞いても、ものすごく悪いことをしているとだれもが思う。
しかし、もらう側の立場になってみると、1年4万円の”無料補助金”をもらっても、大してありがたいとも、悪いことをしたとも思わないのではないだろうか・・・???
まして、森林組合の組合員に、家族がいて、子供がいて、その土地では誰も使わない林道を作る以外に主たる産業がない・・・とすれば。
どうせ誰も使わない林道を作るのは無駄な作業に思えるだろうし、もらった額も些細な額にしか感じられず、ましてや、不正だと思っていなかったらしいし・・・。
大抵の悪事というものは、こうして働かれるものだ・・・国民の血税はまとまるとすごい金だが、ばら撒くと大した額にならない。
だからばら撒きは全然うまく働かない。やる側にとって負担が多く、もらう側にとって、ありがたみが薄れるからだ。
  補助金で公共事業をする以外の、まっとうな、喰える手段を考える、
というほうが、どれほど大切か・・・ それが知事とかの仕事だと思うんですけどね。
林道だらけの山梨県も他人事じゃないよな~
沢の水は無料だし、入会地で燃料になる薪をもらってくれば暖房もガス代も無料。山菜を取り、獣を取り、多少の農耕をすれば食べていける、そんな土地柄だったはずなんですよね、山間地は・・・もともとは。 ところが、何もかもにお金がかかる生活になってしまい、現金収入の道がないと生きていけなくなった・・・
何を改めればいいのか?っていうと、
 お金がかかる生活
のほうかもしれないんですけど・・・。 
登山していると、生きるのに必要なことはシンプルなんだな~と思う。 それでも、年に4万円で人一人が生きていけるとは思えないけど。

Thursday, May 21, 2015

色白の人に☆ UVカット洗剤

今日は素晴らしい快晴です!うーん、お洗濯もの日和り!

しかし、夜中は雷が鳴っていました…ピカっ!ゴロゴロ…と言ったのに、夫はお隣に寝ていて全然知らないそうです…

私は気が付いていたのに… 寝ながら、朝起きたら快晴に違いないと思っていました…読みが当たって嬉しいです(笑)。

■ 紫外線吸収剤入りの洗剤

私は一時外資に勤めていたのですが、何をしていたか?と言うと、部長さんのアシスタントです。のんびりして良い職場でした。



スイス系のその会社で学んだことは、余計なことをしない合理的な仕事のスタイル。日本の会社は書類のための書類とか、会議のための会議、仕事のための仕事が多すぎです。お役所仕事を馬鹿にしてもいられません。余計なことをしないヨーロッパの合理主義は、目からウロコの体験で、人材不足が叫ばれる、日本企業ではぜひ取り入れて欲しい考え方でした。しなくても良いことはしない、って発想です。

日本企業の悪口を書きましたが、私が勤めていたのは、基本的にソフトウェアの開発部だったので、営業などのいわゆる文系部署よりは、根回しに代表されるような無駄な仕事は、うんと少なかったはずなのですが、それでも勤怠のために何時間も費やしたりしていました・・・。

その外資では、仕事の仕方が合理的で、結果として、階級臭さのあまりない、フラットな感じでした。みな自分の仕事が終わったら帰っちゃうし。ほとんどの人が定時出勤定時退社。サービス残業なんてありません。

もちろん、職責による階級は厳密にあるのですが、やっていることは責任の量を反映するだけで、部下が残るなら上司も残っているべきだ、などの論理的でない、プレッシャーはなく、責任の量が能力順、という感じでした。

日本の場合は、性差と年功序列によって、能力のない者が負担しきれない職責を背負わされていたり、その逆だったりと合理的でないのとは対照的。

で、何が洗剤と関係があるのか?というと、洗剤と化粧品原料を扱っていた点です。

私は環境派だったので、お洗濯は粉石鹸をもっぱら使うような人でしたが、MSDSの結果を見て、追跡されない金属石鹸より、追跡され隅々まで調査される合成洗剤の方が安全かも?と思ったくらいの厳密さで好感しました。科学の世界はいいな~と思い、もしかして私はこっちの人かも?とおもったくらいです(笑)。実は得意科目は理科だったんですよね~ 理科と国語が得意でしたっけ。

で、唯一日本市場で売れないのが紫外線吸収剤でした。

欧米では紫外線の害については、かなり世間に広まっているのですが、日本では、紫外線についてはあまりガミガミ言わないのは、昔、小学校では黒んぼ大賞などと言って夏休みの終わりに真っ黒に日焼けした子が賞状をもらったりしていた文化があるからでしょうか?日光はビタミンDを作るとか?

山では水を飲まない、というのが、今でもまことしやかに通じるのと同じで、ちょっと科学的にはもう根拠が覆されてしまったような常識がまだ通っている、という現状もあるのかもしれません…。

私は非科学的なことを全否定することはないのですが、でも、やっぱり老化というプロセスは、乾燥化と酸化だと思います…。

売れないで市場から消えていった紫外線吸収剤入りの洗濯洗剤… でも、私はひそかに”優れものだなぁ~”と思っていたのです。退社するときに、無料でいくつかパクってきたくらいです。

だって洗濯ですべてが紫外線防止機能付きの服になるんですよ? 

■ 夫

夫は色白で、先日、小一時間ほど、おびなたの湯に浸かっていただけで日焼けしてしまいました…(><)。温泉に入っていて焼けるのは素っ裸だから、防御のしようがありませんが…。

夫にとって、春山が大変なのは日焼けだな~と思います。帰りには紫外線防止機能付きのサングラスをどうしようか…と見たくらいです。

春山の主たるダメージは日焼けで、大して色白でない私も、びっくりするようなヒドイ日焼けを味わったことがあります… 私はアトピーもちなので、免疫系は強い(過剰防御反応する)のですが、熱の花が唇にできて、あれれ、と思いました。免疫系にダメージを受けているなーと。

雪上の日焼けは、下からもですからね~!

春山で普段以上に疲れるのは、紫外線によるものも入っていると思います!!

■ ベテラン

会の先輩が、私が必要とも思えない、厳冬期の雪山でも、すぐにサングラスを掛ける・・・ので、聞いてみたら、目の日焼けに気を付けているとのこと…うーん、山歴〇十年の人が言うのだから、ホントに気を付けたほうがいいのかも?

夫は、日焼け止めを塗るのも最初は、

 女々しい

と嫌がっていたくらいで、宮古島でホントにヒドイ日焼けをしてから、日焼け止めを塗るようになりました・・・。

私は夏は日傘を愛用していますが、夫は日傘はダメみたいだし…男の人って色々”男らしさ”を維持するのに大変ですね~ 雨の日はいいのに、何で日傘がダメなんだ???

となると、帽子とサングラスしかない。 ひとつ感心しているのは、どんなに暑くても長袖シャツを着ていること…

というわけで夫の長そでシャツは、このUV洗剤で洗うことに決まり!です☆

Wednesday, May 20, 2015

登山の公開講座 

■ 登山の公開講座

こういうのに出かけて行こうと思う人は何人くらいいるのかなぁ・・・

とりあえず、花谷泰広さんの講座は非常に珍しいように思うので、出席予定。

別の人のだったら行かないかもしれない。いぜん、ガイド登山のインタビュー記事で、お客さんには判断を学んでほしいと書いてあり、好感を持ったのが理由だ。

南アルプスだそうなので、帰りに夫と二人で甘利山にでも行ったらいいかな~と思った。


■ 林道だらけ!甘利山

甘利山はこないだオフ会で行ったけれど、知らなかったけれど、山頂まで林道が入っている山だった・・・びっくり~。

山梨では閉鎖されて誰が使うんだろう?というような林道が入っている山がたくさんある。

一般人に公開もされず、つまりほとんど使用されない林道の存在は、使わないのになぜ作ったんだろう?と考えない人はいまい。

というわけで、当然至極の志向の流れとして、林道を作ることの方が目的だったんだろうな~と思わせられる。

甘利山の林道は、甘利山の上にはグリーンセンターと言う施設があった。たまたまその使用者になったのだが、使ってみると、サービスより規則優先だった。

規則を盾に着る、お役人仕事全開な仕事っぷりをわざわざ見せつけられたので、これまた推察として、これもお役人の職場を確保するのが目的の施設のように見えた。

・・・というわけで、甘利山はお役人のためのお役人による山だ・・・・と思ったのは仕方がないだろう。

林道のおかげで、ラクラクの山というより、もう山じゃなくなっている気がしたし・・・

というわけで、甘利山は人間界というか公共事業と税金の無駄遣で、特定の営利集団に都合の良いよいように利用されている山のように見えた。

平たく言えば、登山対象として魅力がある山には見えなかったけれど、ある意味、こういう山を魅力ある山にして登ることができる人は達人なのかもしれない。

うーん・・・どう登ったらいい山になるんですかね、甘利山。






岩講習のカリキュラムを見て

■岩講習

ついでなので、岩講習のお知らせも、チェックして置く。

■ 要約

まとめると・・・

基礎

トップロープ

確保理論、確保、懸垂

事故・遭難事例

スラブ・フェース

マルチピッチ

救急法

マルチピッチ

となっている。良いように思えるのはやっぱり机上。同じ知識を共有していると思うだけで安心が増える。

しかし、トップロープが最初に来るのを見て、なるほどね~と思った。もちろん、このやり方が唯一のやり方という訳ではないだろうが・・・。

どうりで懸垂下降や確保がいい加減な人が出てくるわけだ。リードも出てこない。

山岳会で教えると、弱点は、座学がないところだ。だから、会でクライミングに行っていても、シングルロープとダブルロープの違いとか、ロープを振り分けでまとめるとか、分かっていない人もいる。

万年トップロープになってしまって、岩というとトップロープのことだ、と思い込んでしまう。

・・・のは、確保理論を教える機会がないので、墜落係数2が危ないなどの基礎的知識がないので、危なくてリードさせられないためだ。

事故・遭難事例も山岳会では系統だって学ばないので、『生と死の分岐点』を各自読むくらいは最低限してほしいものだが、貸しても読んでいなかったしなぁ・・・(ため息)。ページがくっついたまま帰ってきた・・・(汗)

・・・となると、ロープがこすれると焼き切れてしまう場合があるとか、そういう細かな注意点がおろそかになる。

そうした注意点をいい加減にしないためには、読書などで、他者の経験に学ぶことをしないつもりだと、痛い目に合う必要があり、そうなると、痛い目に初めて会った時が一巻の終わり!となる可能性が出てくる。

誰もが知っている注意点を学ぶのに、何年も時間がかかるだろう。

私が不思議なのは、そういうことを教わっていないと言う人だ。自分の命を守ることは教わることではなく、自分で勝手に学ぶもの・・・。

■ こうしたほうが・・・

僭越ながら、初心者ですが、こういう風にワタシなら教えてもらいたいです。

基礎 ロープの束ね方、ギア、ラッキング

人工壁クライミング 
  ・ビレイの習得、
  ・5.5でもいいからリード
  ・クリッピングの習得
  ・中間支点についての理解
  ・回収
  ・終了点についての理解
  ・アンカーについての理解
  ・懸垂下降のセット バックアップ
  ・宙吊り脱出
  ・リードフォローの習得(役割交代で)

これをクライミンググレードが5.9以上になるまで繰り返す


マルチピッチ三つ峠  
  ・ダブルロープ購入
  ・天狗岩で 懸垂下降&易しいつるべ
  ・屏風岩で 易しいつるべ


ボルジムでクライミング力アップ

フリーの外岩でクライミング力アップ

三つ峠に戻る  (無限ループを繰り返す)

懸垂下降のセットとか、ビレイの習得は、支点があやふやなところではできないし、外の岩で落ちてください、と言う訳にもいかないので、墜落停止の練習は人工壁が良いと思います。

いい加減なビレイの人のビレイで外岩に行くなんてとんでもないです・・・落とされちゃう。

みなトップロープだけをやりすぎで、最初からリードフォローを前提にしないから、ダメ登山者を作ってしまうのかも?

・・・とこの講習カリキュラムを見て思いました。 三つ峠に行くとたくさん講習会が開かれていますが、みーんなトップロープですもんね。しかも人のロープ。自分のロープを買わないとロープの扱いには上達できません。

■ 沢との比較?

私は言うまでもないが沢はあまり知らない。もしかしたら、沢をよく知っている人にとっては、私が岩講習に不服を感じるように、沢講習にも不服を感じるのだろうか?

わたしを勉強に駆り立てたのは危機感だった。

クライミングシステム自体が分かっていない段階で、どうみても素人っぽい人に肩がらみ確保で、登らされて、次に何をしたらいいのか分からず(中間支点とは何かも知らない)、自分の安全を自分自身で管理できないことにいらだちを感じた。下の確保は私の命の安全を担保しているようには見えなかった。生命の危険に陥れられているように感じたのだ。

私の生命がピンチに陥れられる理由の大部分が、男性らの”かっこつけたい”という欲求と”勉強しないと言う怠慢”のようだった・・・。

彼らはどう見ても登ることにしか興味がなさそうで、ビレイは超いいかげん。しかも、登るほうもセカンドで登ることを好みそうだった。リスクは相手持ち、結果は自分持ち。

その程度の低級な欲望のために、死ななければいけない羽目に陥ったら、目も当てられない!と正直思った。

だから・・・というので、必死で勉強した。自分が命の危険、ピンチにさらされていると思わないと、人は頑張らないのかもしれない。

まぁ山で感じる充実感の大部分は、自分の命が危険にさらされ、その危険をなんとか潜り抜けて生還したという部分にあるのだから、あながち、それは登山とかけはなれているのではないが、死ぬ必要もないところで死ななければいけない羽目に陥れられそうにならないよう、よくよく相手を監視していないと、文字通り犬死になってしまうだろう。

そういう羽目だけは避けたいものだ。

登山では分かってみると、行為にそれぞれ意味がある

 自分のダブルロープを持っていない=つるべが前提ではない

 ロープを買わない=安全管理は他の人にお任せしたい

 ビレイいい加減 = 人の命はどうでもいい

登山者の本音は言葉ではなく、行為にしっかり現れるものだ。







Tuesday, May 19, 2015

沢のステップアップ

こちらの記事は移動しました。

読了 『ザイルを結ぶとき』

■ 工事中

最近、家の前でリフォーム工事をしており、けたたましい音で目を覚まさせられる。

大阪では、工事をする場合は周辺の家に連絡が来る。工期も連絡が来るし、大きな音は午後に出すようなスケジュールだ。ところが、甲府は田舎なので、そういう洗練されたことはやらない。その上、太鼓のように鳴り響く建物の位置関係にある、ということを大工さんらが自ら気が付く・・・という習慣や経験もないようで、大声でウルサイと言ってやらなければ、話声をひそめることさえしないで、何もかもが筒抜けだ。

土地柄として、それほどに呑気で平和だ。素朴というのは、一般的には良い意味で使う言葉だろうが、わたしには甲府の素朴さは、子供っぽい自己中心性に見える。

そういうわけで、家の中から逃げ出す必要があり、昨日は本を持ってスタバに逃げ込んだ。図書館は月曜はどこも休みだからだ。

■ 奥山章 『ザイルを結ぶとき』

それで、読んだのが奥山章の『ザイルを結ぶとき』。

『二人のアキラ』の数珠つなぎ。 奥山章さんの本の方は、山岳会に提出した記録をまとめたものなのではないか?という感じがするカジュアルな文章だった。

大きないびきが上顎ガンの前兆だったとは・・・奥山さんは、ガンに絶望にして、自殺してしまうのだが、その死の引き際が気弱な気がして、男性らしさをある意味感じさせる。男の子の赤ちゃんの方が病気に弱かったり母親にべったりで甘えん坊だったりするのと同じ感じだ。

印象に残ったのは、沢ヤの登山風俗。戦後すぐの沢ヤは、女物の赤い下駄を履いていたのだそうだ。着るもの、持ち物というような風俗を歴史順に並べたらきっと面白いだろう。

フリーの方でも昔はピッタリとしたサイケデリックな柄のタイツを履いていたそうで、ちょっと前にアメリカの雑誌でも、冗談っぽく取り上げられていた。登山なのにラガーシャツを着ていた時代のこともときどき雑誌に見かける。

北岳バットレス中央稜の積雪期登攀は、複数の会にまたがる人たちのパーティだったそうで、それが特に当時としては革新的なことだったようだ。

滑落で首にロープが巻きついて死んでしまった仲間の話など、どうやって首に巻き付いたのか?と回想していたりする。

■ アブナイか危なくないか

最近思うのだが、自分の目で見たもの以外に確証を求めようとする癖は日本人独特かもしれない。平たく言うと、資格主義。 士業には多い。何をするにも資格はあるか?という。

登山こそ、目の前の山の状況と、登山者個人との山と山の対話の世界だと思う。

人物評価にしても、自分が目にした相手という、生情報を基にしない。評判ビジネスと言う言葉があるが、評判ばかりを気にするのは、今住んでいるところが田舎だからだろうか?

アメリカにいるころ、快適だったのは、実力主義の世界だったからだった。ベビーシッターでは、2.5ドルからスタートして、最終的には11ドルもらっていた。ベビーシッターの実力が何で分かるのか? 

ダニエルが自転車から落ちて頭から墜ち、前歯を折った時は、すぐに傷口を水道水で洗い、消毒し、頭は冷やしてやり、ソファに寝かせて、体温を計った。その後に親に連絡して、医者に連れて行ってもらった。

その後こうした救急処置が評価された。日本の人なら普通に誰でもできることだが、海外では普通ではないらしかった。

赤ちゃんは安心できる相手と一緒だとおとなしく一人遊びしてくれる。2歳の子が私の姿が見えなくても安心して遊んでいる姿を見たとき、親は自分がいない間に任せても安心なのだと理解したようだった。

ニュージーランドへ出張で行った時はヘッドハンティングに会ったのは、リーダーではなくサブを務めていた私の方だ。

海外では、みな能書きより、目の前の自分の得た事象を大事にする。だから実力があれば、ステップアップでき、そうでなければはねられるだけだ。

日本の場合は、そんなにシンプルじゃない。会社の昇進であれば色々な人の思惑が絡んでいることが多いし、逆に力があればねじ伏せられる。資格さえあれば実力がなくても良い目に遭えるというのが、資格を求める理由だったりもする。

そう言う意味で、登山者の手記はAという登山者の力を正確に伝える唯一の物なのかもしれない。

総括の考察

■ 一区切り

いわゆる”本格的”というカッコが付く登山については、ひと通り、必要な大局的視野を得ることができた。

これまでホントに良く死なないでいれたものだ・・・ 危険な人をたくさん見た。つき合わされそうなときもあった。

今は登山にはウンザリ中でもあるし、別のことに取り組みたい、と思っている。

しかし、まとめは必要だ。 良い総括の枠組みが思いつかないので、ブログを辞めるに辞めれないでいる。

終わりはきれいに総括したい。

それで、おおよその骨組み案。粗削りなもの。
  
1)リスクを認知して備える 計画立案  
2)登る資格  
3)ナビゲーションスキル 読図 
4)敗退するスキル  懸垂下降 ギア、ロープワークと支点
5)相手を守るスキル ビレイ スポーツクライミング 確保理論の紹介 べからず集
6)自分を守るスキル クライミング フリークライミング ムーブの習得
7)レスキュー 救急救命、ビーコン

■ 遭難事例からスタート

初心者の一般登山者の頃、最初に調べたのは遭難の記録だった。

だから、雪山をスタートしようとGWの八ヶ岳から始めたが八ヶ岳に初めて行った時には、その時点で、すでに遭難する可能性がある、危険個所をすでに知っていた。つまり核心を知っていたということだ。その備え方も知っていた。

登山は何からスタートするか?と言うと、計画からスタートする。計画はリスクを中心に組み立てる。そのことが分かっていないリスクが分かっていない人は計画の良さが理解できない。

またスタートである計画立案が他人任せな人は、最初から、登山者としての資質がない。

すべては危険の認知からスタートすべきだと思う。登山は危険に自ら近づいて行く活動だからだ。

危険は具体的に何がどう危険なのかを分かっていることがもっとも大切なことだ。そうしなければ避けることができないからだ。

涸沢岳西尾根で遭難死した知人は、去年もそこで遭難があったことを知っていたのだろうか?鬼門と言われていることを知っていたのだろうか?

■ スタートはリスクの認知

あるルートに行きたい、と考えた場合、リスクをきちんと算段することが大事だ。今の時代の登山者に欠けている思考はこれだ。

リスクは色々あるが、一般的には

・天候 
・季節 → 日の長さ
・滑落危険個所 → 登山道そのものの難易度
・ルートのサイズ → 体力的な難易度や時間の管理
・人の有無  → 人里離れていれば、それだけリスクが高い。
・動物の有無 → 熊が出る場合、虫が出る場合など
・本人の性格 

が代表的なリスクだ。

リスクは、”あるなし”だけでなく、具体的な想定が大事だ。

例えば、後立の不帰の険は、リスクがあると言っても一瞬だ。一方、八つ峰キレットのほうは、同じようなリスクがある場所が延々と続くうえ、縦走路の後半に位置していて疲れも出ている状況だ。難易度というのはそういう意味でも全く違う。無頓着な登山者ならば、キレット小屋で十分休息を取る、ということを怠るだろうし、調べない登山者であれば、まったく初めての登山で来たりするだろう。

一方、一般道だし、小屋が近接しているので単独行のリスクは低い。登山届さえ出しておけば、ねん挫しても誰かがすぐ探しに来るだろうし、誰かが必ず通る。そんなところにつるんで行かねばならないほうが注意力散漫になりリスクが高くなる。

縦走の計画ならば、小屋泊かテント泊か?どちらから入るか?という判断が山の性質を決める。甲武信&金峰の奥秩父の縦走は、甲武信からスタートするのと、金峰山からスタートするのでは、ストーリーの成り立ちが違う。したがって難易度も違う。荷を軽くするか、しないかも作戦次第だし、ロングな縦走なら日が長い時期を選ぶという工夫も必要だ。

テント泊の計画であれば、肝はテント地の想定だ。水を担ぐのか担がないかも論点になる。定着か?ヤドカリ式か?それによって難易度は大きく違う。同じ行程であれば、ワンビバークかツービバークかは、大きな違いで、ツービバークを避けたために起った遭難もある。

時間と疲れの管理は重要で、ほとんどの滑落事故は、登りではなく下山中に起る。基本的にはLight&Fastで行くか、Long&Heavyで行くかという二つの方向性から成る。

もちろんだが、そもそも、山行の性質把握が必要だ。

 偵察山行 (何につけてもほとんどの一回目はこれだ) 
 ご褒美山行 
 チャレンジ山行
 
ご褒美山行したいのに、体力的な無理な計画を立てるのは矛盾する。ご褒美山行とチャレンジ山行はミックスできない。

例えば、厳冬期の八ヶ岳で一升瓶を担いで宴会のご褒美山行をしようと言うのは、最初から計画自体がおかしい。二日酔いでチャレンジ山行はしない。厳冬期に山に向かう時点で気を引き締めて行くべきだ。変な人に付き合っても自分が凍傷になってしまう。下手したら救助する羽目になり、それ以上に遭難死させられてしまうかもしれない。

一方、親睦の山の時に、チャレンジ山行のつもりで来られても、「もっとリラックスしなよ」という話になる。必要もない装備をもってきたり、必要なものを省いてきたりすることからも見える。

どっちに転んでも、山を分かっていない、理解不足ということは言える。

これらのことは、一般登山者の時にマスターしてしかるべきで、そのためには一般登山では、自分で計画を立案して出かけるという経験をきちんと積んできていることが大事だ。

≪一般登山者の時代にマスターしておくべきこと≫
・山時間のマスター 早出早着 
・季節によるリスク 春:日焼け 夏:熱中症 秋:蜂、日の短さ 冬:凍傷
・自分の体力の見極め
・集中力の見極め 下山に事故が多いこと
・地形図を持つこと
・山の概念図の把握 
・空のコンディションの見方 嵩雲、積乱雲、雷、悪天候の予兆を把握するくらいは
・雪のコンディションの見方 雨後の雪、降雪直後の雪、締り雪など観察力

■ 登る資格

上記のような、リスクを認知して、そのリスクを避けるためにどうしたらよいか?という思考をたどらない人は、登山者としての資格が欠ける。怠慢だ。

資質にはリスクに関する認識力以外に、

体力
体重
読図力
観察力
忍耐力

などがある。体力はそもそもコースタイムで歩けないことには、計画ができないこともある。それでも、控えめな登山計画で成り立つ山もある。73歳の男性が前穂北尾根の5、6のコルまで出かけた記録を読んだことがある。体力の不足そのものが、山に行く資格がないとは言えないのだ。資格がないのは、無理な計画を立てる人だ。

体重はそれだけ山で重い荷物を自分に課していることになる、という認識が必要だ。過剰な体重はクライミング要素がある山では、相手に対してリスク要因になる。軽い人より、重い人がぶら下がった方がロープが切れやすくて当然だ。レスキューも大変だろう。

読図力も、かなりの範囲で独学できる力だ。やらないでいる人は怠慢だ。

空や雪、植生の変化、鉈目の見方、踏み跡の見方、花、石、勾配の変化、山では観察力から多くの情報を得ることができる。観察力がないことで不必要なリスクに陥ることも多い。山慣れた人なら気が付く、風の変化に気が付かず悪天候につかまったりだ。動物の足跡は誰が通ったかだけでなく、いつ通ったかも分かれば、どのくらいの大きさなのかもわかる。

そういうものを理解することに喜びを感じる人の方が、そうでない人よりも、登山者としての資質があるのは当然だろう。

こういうことの無理解を”山を分かっていない”と全体的に総称しているようだ。

憧れは登山を充実させる大事な要素だが、それだけで内実が伴わない人が多い。

体力があっても、リスクに対する理解がないとちゃんとした登山者にはなれない。

■ ナビゲーション

ナビゲーションは当然ながら、進路を発見する力。 ルート維持はルートをそれない力。

基本は尾根と沢を使うので、地形図を見て、尾根と沢を理解することは基本中の基本。

ナビゲーションまでは一般登山で培える力だ。

ただ登山道をたどるだけでも、地形図を持って歩き、現在地確認する習慣があればできることだ。

ギア
 ・地形図
 ・エアリア
 ・コンパス
 ・高度計

■ 敗退するスキル

これは、懸垂下降のこと。そのためには、最低限

ギア
 ・カラビナ
 ・ロープ
 ・下降器
技術
  ・結び
  ・支点構築 良い支点の見分け方

についての知識が必要だ。懸垂支点は失敗が許されない支点だ。

ちなみに懸垂下降は最後の手段と言われている。歩いて降りれる場所があれば歩いて降りる方が良い。ただ敗退のためのスキルは持たなくてはいけない。

必要があるかもしれないときは、ジャンピングの装備も一揃い必要。

■ 相手を守るスキル 

ビレイするスキル。クライミングは先天的な才能の有無が関係するが、ビレイは後天的に誰でも習得できるスキルだ。
スポーツクライミングで習得する。このときに確保理論を学ぶべきだ。基本的なべからずを知っているべきだ。

スポーツクライミング
ギア
 ・確保器
 ・シングルロープ
 ・ハーネス
 ・クライミングシューズ
技術
 ・確保
知識
 ・確保理論 墜落係数
 ・ランナウト

■ 自分を守るスキル 

登攀力は自分を守るものであって、それだけで登山が成り立つものではない。体力と同じであって損がないだけ。
ないとリスクに陥る、つまり不可欠な力である、計画立案力や山の観察力、読図力と違い、アウトソーシング可能。

フリークライミング 
・ムーブの習得

■ レスキュー

レスキューは遭難にあってしまってからのことであり、遭難に遭わないスキルより、当然だが優先順位が低くあるべきだ。

避ける努力をしてもなお、避けることができなかった場合の遭難対策、救急救命であり、ビーコン探索だ。

日赤で救急救命講習を受ける
レスキュー講習を受ける
雪崩講習を受ける

こういうものは数年に一回。

≪関連記事≫
観光客を登山者に育てる仕事・・・最初のツアーで非常識登山者を育てない

Monday, May 18, 2015

同行者

■ 楽しさ


昨日は、とても楽しい日だった。

山には登っていない。ただ山麓から白馬の山々を眺めただけだ。

風が気持ち良かった。それだけ、が幸福の記憶。

私は大町で講習会を受けていたので、大町には通った。思い出のある場所だ。

その場所に夫と訪れることができた。彼にとっては、雑誌等で見るだけだった場所だ。後立の山々が目の前で光り輝いていた。雪渓を抜けて吹いてくる風が素晴らしく快適だった。同じ風を味わうことができて幸せ。

彼は、雪渓が氷河と評価される話を聞いて、雪渓にも興味を持ってくれたみたいだ。

ふと思うのだが、登山を充実させる、山登りに満足感を持つには、ある意味、お手前のような段階的なアプローチ、というものが大事なのかもしれない。

ちょっとした興味を持つ。どんなきっかけでもいい。

そのちょっとした興味が端緒となって、行って見たいなと思う。機会はすぐには訪れない、ということも大事なのかもしれない。

そうしたプロローグ的なことを端折ると、どんなに良い場所も、印象が浅くなり、どのような良い日に当たっても、「きれいな所だった」で終るのかもしれない。

■ 同行者

師匠が、私が沢の何に魅かれるのか分からなかった、と言うので、確かにそうだろうな、と思った。

師匠と出かけた沢は、うっとりするような美しい景色に乏しかったし、良い印象を持った沢山行はなかった。

仕方のない面があるのはお天気。一つ目のモロクボ沢は大増水中だった。ユーシン沢の継続は、大きなザックに体が振られ、ついて行くのにやっと。置いてきぼりを食い、行程を愉しむゆとりはなかった上、同行者が非常に悪かった…。お金を払ってでも一緒には行きたくないような人で、その人のおかげで、その沢山行は、ただその人の横暴な発言に耐えるだけの山行となった。おかげで、沢そのものの印象は全く残っていない。罰ゲームのような沢山行だったのだ。

それ以降は師匠とは沢には行っていない。

私が作り上げた感動の沢は、二つともわたし自身のリーダーシップで行った沢だ。先輩には後ろからついてきてもらって実現した沢山行だ。

望みはささやかでこういうのを歩きたいだけ
2つの別々の山行だが、一緒に行った人は二人とも特に気が合う人だった。一つは男性の若い先輩と。一つは女性の年配の先輩と。

楽しい山になるか、ならないか?に、同行者はとても重要だ、と思う。これは沢に限らず。

次なる疑問は、どういう同行者が楽しい同行者なのか?ということだが、最近わかったことは、わたしには、

 同行者の年齢は関係がない

ということだ。以前は60歳以上は避けたいと思っていた。生きていた時代が違いすぎ、価値観が合わないと思っていたからだ。例えば、「結婚は3年で飽きる」など。

就職氷河期という言葉があるが、今の時代は山岳会の氷河期だ。

■ 優秀な男性

性別は最初から大して関係がないだろうと思っていたが、実際は私の側の問題としてより、相手側の問題として、大問題のようだ。性別が同行者選びに深く関係するのは、むしろ男性の側だ。

私は、元々男性の友人が多い方だったし、弟もいたので、あまり男性に大しても女性に対しても、態度を変えない。

学生の頃の親友は男性だったし、よく泊めてもらったりもしていたし、向こうが泊まっていくこともあった。

が、男性の中には、相手が女性と言うだけで、対等に付き合うことができない人もいるし、女性が登山をしていると、自分の地位が脅かされているように感じるのだろうということも分かる。

例えば、自分が泊まることになるテント、食料、自分の飲む分のお酒まで女性に担がせるのは、そういう心理が働いているせいであるとしか思えない。

おおよその傾向を言うと、結果から判別すると、私が一緒にいて、心地よく感じる人は、優秀な男性に限定されているようだ。 

そうした男性らは、男性の中でも特に優秀で、自分の男性性や優秀さ、他者との優越性に、自ら疑念を持っていないように見える。

要するに、わたしに自分自身の地位や立場が脅かされると感じない人に、気が合う人が多いと思う。

逆に言うと、それだけ私が強い印象を放っていると言うことで、気を付けなくてはいけない点でもあるのかもしれない。 

ただ、私が選ぶ同行者はもれなく優秀な人だ、ということは言える。優秀な人としか山に行けない体質である、というのは、でも、実際、本当かもしれない・・・(笑)。

■ 生き方と相似形

バレエは知性がないと、上手になれない、と言われていた。身体を使うが、スポーツではないし、総合芸術と言われる。それと登山は少し似ているかもしれない。

 物事を掘り下げて考える習慣、

というのが、登山では、重要だからだ。そして、大事なことは、

 物事を高い視点から見る

という習慣だ。 全体像を把握してから位置づける、というようなこと。フリークライミングは、登山の一分野であって、全体ではないが、枝葉に囚われると、登れなければ人間ではない、となってしまう。

それに大事なことは、

 偏見を持たない

ことでもあるし、

 勇気を持つ

ことでもある。

でも、もっとも重要な資質は

 探究心が旺盛

ということかもしれない。そうでないと、ただ連れて行かれるだけの人になってしまうものだからだ。

強いあこがれは大事な要素だが、探究心がなければ、功名心を満足させるだけで充足してしまうだろう。行ったかどうかだけが大事で、どう行ったか?が大事ではなくなる、ということだ。

 ある種のパイオニア精神

は、どのような分野についていても、非常に労力を要するものだ。そういう意味で、その人が付いている日常の仕事が、リスクフリー、保守性の権化のような仕事で、市場の競争原理にさらされないモノであれば、おそらくその人自身のクライミングも、同じく危険のないものを愉しむと言う話なのだろうと想像できる。

山は大なり小なりその人自身の生き方を表しているような気がするものだ。



Sunday, May 17, 2015

大町と白馬

夫もみすずデビュー?
今週末は夫とのんびり大町&白馬をブラブラしてきた。 

夫は、白馬も大町も初めてだった。

今回は快晴の中、温泉にのんびり入って、安曇野から見える山々を見て、行きたいな~と思ってもらえたみたい(^^v)

温泉に2つ入って、ゆっくり観光をして過ごし、幸せを満喫。

■ 大町&みすず&カクネ里

会の山行の後、大町のみすずというお蕎麦屋さんに立ち寄ったので、今回は講演会の前に、そのみすずへ・・・。

蕎麦900円くらいだったっけ?

長野にはお蕎麦屋さんがいっぱいあるが、研究していない。

その後、講演会へ。

大町へ週末行くことにしたのは、講演会目当てだ。 

 カクネ里氷河があるのか?

最近、日本にも氷河があることが発見?というか、無理やり証明されました(笑)。

 小窓雪渓
 三の窓雪渓
 御前沢雪渓

の3つです。 万年雪と氷河との違いは、

 ・氷化した氷河氷が形成されているか?
 ・その氷が流れるかどうか?

だそうです。万年雪は日本でもたくさんありますが、氷河は日本にはない、というのが通説でした。

一応今の3つは学会的にも ”流れている”と証明されて氷河であると認定されているようですが、一般的に氷河と言う時の規模と違いすぎて、河というより川、川というより小川、小川というより沢、と言うくらいに非常に規模が小さいので、なんとなく、無理やり話題作りに躍起になっているような印象は否めません(^^;)。何しろ世界の氷河というのは普通は何キロという世界ですからね。

この講演会に行ったのは、単純にカクネ里に興味があったからです。

カクネ里は、鹿島槍と五竜岳の間の大きな雪渓ですが、規模が大きいのに、記録をあまり見ません。行くまでも徒渉が多くてタイヘンそうで、なんとなく魅かれていました。平家の落人伝説がある、というのも魅力。

結論からすると、カクネ里が氷河であると認定されるのは時間と調査資本次第のようでした。ほぼ氷河であると証明できる予想がついているようです。

ただ、何のために氷河であると証明したいのか?という後ろ盾は、観光資源の開発で、その点は学術的な価値観を商業と結びつけるのは、一般市民の価値観とは異なる部分があるだろうな~とは思いました。

カクネ里が氷河ということになっても、それが目玉になって、観光業が潤うことはないかも…。でも、まぁ他の人もそんな感じに感じていそうでした。日本のように豊かな社会では、学者さんは役立つ研究はしなくていいのでは?

地域活性化には、それよりも、マーケティングして、地域としての包括的な観光受け入れ先としても取り組みの方が良いような気がします。

・・・とまぁそういう内容の講演会でした。 先生たちに会った。

≪カクネ里≫
http://www.naganoken.jp/mount/kogen/chunanshin/kakunesato.htm

■ 栄えている白馬

せっかく2時間半も運転すると言うことで、その日は現地付近に泊まることにしており、翌日は白馬の方に移動。

白馬は、

 ・パタゴニア
 ・好日山荘
 ・モンベル

と色々と商業施設が急に増えて、なんだか前に来たときより栄えているような気がしました。

白馬の栄えようは、もしかしたら、大町とは対照的なのかもしれません…。 

ただ白馬の中でも、新旧と明暗が分かれ気味のような気がしました。

明るく、健康的で資本力を感じる部分…それは、もっぱら地元以外の資本です・・・例えばイオン系スーパーのBigや、上記の山道具屋関係…と、廃れてしまった朽ちかけ崩れ落ちた廃屋とが同居していました。

白馬には第二のニセコのように、外国人居留地区としての面も育ちつつあるようで、ある種のファッション性が生まれつつあるような感じです。

でもそれは結構甲府も同じで、山梨は外国人以外に多いんですよね。















外国人がやっているロッジを紹介している雑誌。

Lodge Tabi Tabi

森のロッジ

古民家ゲストハウス


















■ 八方の湯&おびなたの湯






八方の湯は、出来立てほやほやの新しい施設で、良かった。ただ登山シーズンの夏の最盛期に、すべての登山客のニーズを満たすだけの広さがあるのかなぁ?と思える小規模な湯だった。

でも白馬には良い湯がいっぱいあるので分散作戦なのか。

朝9時からやっているのがエライ。誰もいなくて、癒された~。 800円の100円びき。

おびなたの湯は、ここは、川辺にあり、気に入っている湯。同じく100円引きで500円。

のんびりできて良かった。少し行くと大きな橋があり、その上には素晴らしく気持ちが良い山からの、雪の上を通った、ひんやりした風が吹いており、素晴らしく心地よかった。

自然の風の心地良さを夫と満喫できて幸せだった。

おびなたの湯
















おびなたの湯













無料で飲める源泉。
今日の山




エンレイソウ










 ■ 千寿

近所の本格コーヒーの店、千寿さんで、軽食を食べたがすごくおいしかった。

 価格は安いとは言えないが、国内旅行中は私はケチらない…ご褒美なので。1割増しくらいは甘受。コーヒー600円だがおいしかった。


チーズトースト 450円。











■ パタゴニアアウトレット&好日山荘

大きなアウトレット店が出来ていた。結局何も買わず。近くに好日も出来ていて、こちらはボルダリングができるスペースが付いていた。500円だそうだ。2Fは同じくアウトレットになっており、好日山荘で夏用のシャツをゲット。

好日の方はクライミングのギアも置いてあって、品ぞろえは新宿と変わらず、登山を全面サポートしている感じ。周辺にツアー会社の窓口が集まれば、一大アウトドアレジャー環境が白馬駅を降りたら揃う。




■ ヒマラヤン シェルパ & 山岳博物館

その後ランチで、その千寿さんで拾ったチラシのネパールカレーの店へ。
行って見たらすごくひなびた商店街にポツンとやっていた。

大阪では、こういう雰囲気の店には良く通っていたのだが、それらの実力と比較すると、まぁ平均か、すこし下回るくらいだった。

シェルパカレーセットで、

サラダ
カレー1種、
ナンもしくはライス
ドリンク

で 970円。 

こんな地図を置いていたりするのが良いところ。

エベレストビール?
http://tabelog.com/nagano/A2005/A200502/20011762/

大阪ではカンテグランテが老舗で、すでにチェーン展開してしまってあまり引かれなくなったが、本店が良い。ナンとカレーのセットにしたが京橋のカトマンドゥのナンには及ばず(笑)

しかし、この店の価値は、この昭和風の商店街の中にある点なのだろうと思った。

■山岳博物館

その後、山岳博物館へ立ち寄り、展示を一通り見て、帰宅。

南アルプスの山岳館より展示はこなれていると思ったが、もう少し厚みが欲しいところだろうとは思った。半日はつぶれない・・・。

ただ山岳博物館はあまりお客さんが立ち寄り安いと言える位置関係にないと思うので、仕方がないかもしれない。

入館料 400円。

お土産は北安の日本酒にしました☆

≪関連リンク≫
百瀬慎太郎について
北安酒造